非核化の必要性強調=北朝鮮高官に韓国大統領−具体的「行程表」言及か(時事通信)
トランプ政権、「非核化への一歩か見極める」と声明 北の「対話の用意」表明で(産経新聞)
韓国の文在寅大統領が25日、平昌冬季五輪の閉会式出席のため訪韓した金英哲朝鮮労働党副委員長ら北朝鮮高官代表団との会談で、朝鮮半島の非核化を実現する必要性を強調したことが分かった。韓国大統領府当局者が26日、記者団に明らかにした。
 詳しい発言内容は公表されていないが、聯合ニュースなど複数の韓国メディアによると、非核化に向けた具体的なロードマップ(行程表)にも言及した。文大統領はこれまでに、北朝鮮の核・ミサイル活動の凍結を当面の目標とし、第2段階として完全放棄を目指す「段階的、包括的アプローチ」を打ち出しており、この2段階構想を説明したとみられる。
(引用ここまで)
米ホワイトハウスは25日、北朝鮮代表団が韓国の文在寅大統領との会談で米国と対話する「十分な用意がある」と表明したことに関し、「非核化に進む第一歩であるかを見極める」とする声明を発表した。

 声明はまた、米国と韓国および国際社会は「北朝鮮との対話は、非核化という成果を伴うものでなければならないとの立場でおおむね合意している」と指摘した上で、「北朝鮮が非核化するまで最大限の圧力をかける路線を維持しなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 開会式にやってきたキム・ジョンウンの妹であるキム・ヨジョンとは4回会談して、非核化どころか核問題への言及ゼロ。
 天安艦を撃沈せよと指示したとみられているキム・ヨンチョルとは25日の午後に会談して、どうにか非核化への言及が1回あったらしいとの話。
 ようやくか。
 さらに北朝鮮からのリアクションは公開されていないっていうね。

 ムン・ジェインの中では最初の交渉の目標は核凍結。で、交渉を続けて非核化に向けることができればということなのですが。
 核開発を凍結したということがどうすれば担保できるのか、という話ですわな。
 「凍結してまーす」って言うだけであれば、開発の時間稼ぎに使われておしまい。日米共にそれを恐れているからこそ、最大限の圧力をかけ続けると言っているわけです。

 ピョンチャンオリンピックも同様に時間稼ぎとして使われているだけですよね。
 オリンピック期間とパラリンピック期間、あわせて38日間。ICBMの開発最終段階に来ているとCIAが報告書を上げていましたが、貴重な時間を無駄に費やしているようにしか思えないのですよ。
 ……ネタとして平昌オリンピックは必要でしたけども。

 で、その場で北朝鮮側は「米朝対話の用意がある」と言い出したとのこと。
 そのアメリカ側のリアクションが2本目の記事。
 やはり前提は「非核化」。というかアメリカ側はゴールをそれ以外に置くわけがないのですよ。
 
 非核化への過程を見てみても、韓国とアメリカの見ている方向は微妙にずれている。
 こういった「ずれ」をアメリカが許容するのであれば交渉にも入る可能性はありますが。
 これまでの歴史を見てみてもアメリカが「核開発凍結」→「非核化」なんて過程を許すとは思えないのだよなぁ……。
 しかも、ムン・ジェイン政権が考慮している「核開発凍結」のご褒美は「米韓合同軍事演習の無期限延期」ですからね。
 アメリカが受け入れる余地はないと思うのですけども。

いま読んでます。かなり面白い。
北朝鮮核危機 全内幕 (朝日新書)
牧野愛博
朝日新聞出版
2018/2/13