大統領補佐官「韓国の大統領が在韓米軍に出て行けと言えば従うべき」(中央日報)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の統一・外交・安保特別補佐官を務める文正仁(ムン・ジョンイン)延世大名誉特任教授が北朝鮮に対する米国の「最大の圧力」戦略に関連し「北はこれを核兵器廃棄のための道具と見なさず、体制を転覆・崩壊させようという敵対行為と見ている」と主張した。

文正仁氏は27日(現地時間)、民主平和統一諮問会議ワシントン協議会が主管した平和共感フォーラムでの講演でこのように述べ、「米国は北の問題を扱うために優先順位を明確にすべきだ。核問題にすべてを集中し、民主主義や人権は副次的にしなければいけない」と強調した。

続いて「核・ミサイル(解決)に(米国は)力点を置くべきであり(北の)民主主義と人権を強調しながら圧力を加えれば(北は米国が)体制の変化を望むと考える可能性があり、その場合、絶対に答えは出てこない」と繰り返し強調した。

朝米対話の再開などに関連し、文氏は「文在寅大統領は今、薄氷を踏むような心情であるはず」とし「『最大の圧力』から『最大の慎重(Maximum Prudence)』という姿勢ですべてのことを慎重にしている」と説明した。続いて「(文在寅政権は現在)北には『非核化を受け入れて米国と対話すべき』とし、米国には『前提条件を低めて北と対話すべき』と話している」と伝えた。 (中略)

戦時作戦統制権(戦作権)転換問題について「戦作権がないというのは軍事主権がないのとは違う」とし「大韓民国の大統領は軍事主権を持っている。大統領が在韓米軍に出て行けといえば出て行かなければいけない」と述べた。
(引用ここまで)

 ムン・ジョンインは統一・外交・安保分野の大統領特別補佐官です。
 簡単に言えば、外交分野におけるムン・ジェイン大統領のメンターであり、彼の言葉はムン・ジェイン政権の外交政策とほぼイコールで結ばれています。
 就任当初から「北朝鮮が核・ミサイル開発を縮小するのであれば、韓国は米韓合同軍人衆の縮小で応えなければならない」というような発言をしていて「こいつぁひでえや……」となっていたものでした。

 その後のムン・ジェインによる対北朝鮮外交、および対アメリカ外交の基本方針を見てみると、三不による日米韓の合同軍事演習拒絶ダイヤモンド同盟構想の拒絶ヴァージニア級原潜寄港拒絶といった一連の動きがありました。
 ムン・ジョンインの影響が大きく働いていることが理解できるはずです。
 一応、今回の発言では米韓合同軍事演習について「4月頭に行われると理解している」と発言しているのですが、同時に「まだ1ヶ月以上あるのでどのようになるかは分からない」とも述べています。

 で、その場で「戦時統制権がないということと、軍事主権がないということは異なる」との話をしだして、最終的には「軍事主権を持つ大統領が出ていけといえば、在韓米軍は出ていかなければならない」と述べたと。
 ……まあ、そりゃそうなんですが。
 「大統領特別補佐官」が、この時期に話すような話ではないですよね。
 これら一連の言動はすべて「個人的意見」として発しているようなのですが。であれば、とっとと 「大統領特別補佐官」なんて肩書きは返上すべきでしょう。
 そうでないというのであれば、韓国政府の意見であると受け止められてもおかしくない。
 実際にそうだからこそ、ムン・ジェインはムン・ジョンインを放置して舌禍を起こさせ続けているのでしょうけどね。
 「韓国政府の真の意見はこうである」と喧伝している、ということですよ。

 以前から「ムン・ジェインは在韓米軍撤退を狙っているが、任期の5年間では時間が足りないという意識がある。そこで少なくとも任期中の戦時統制権返還を狙って次期政権での撤退実現を狙っている」と書いてきています。
 米軍撤退は北主導による赤化統一への一里塚です。
 その意識につながる発言であると考えていいでしょう。
 現在のムン・ジョンインの位置に、次期政権ではムン・ジェインが納まるつもりなのかもしれませんね。