慰安婦:少女像設置めぐり弘益大・周辺商店主ら反発「日本との交流に支障」(朝鮮日報)
「若者の街」として人気の弘益大学前の通りに「慰安婦少女像」を設置するかどうかをめぐり、設置主側と大学・商店主側が対立している。ある団体が弘益大学正門前に少女像を設置すると宣言、これに同大学や近くの商店主らが反対したものだ。「繁華街のど真ん中に少女像はそぐわない」「日本との交流に支障が出る」という理由からだ。

 28日午後7時、ソウル市麻浦区内の弘益大学正門前。少女像を載せた小型トラックが正門前に近付くと、大学関係者が前を遮った。双方は夜遅くまで正門前で対峙(たいじ)した。

 弘益大学は26日に麻浦区庁に公文書を送って少女像設置反対の意思を表明、「大学の正門に特定国の国民が拒否感を抱いている造形物を設置するのは大学の国際化努力に反する」と説明した。事前の話し合いがなく、場所が狭いことも反対の理由に挙げた。今回の少女像設置は麻浦区議会の共に民主党所属議員が昨年から勧めてきたものだ。同地域で「麻浦平和の少女像設置推進委員会」を作り、3000万ウォン(約300万円)を集めた。除幕式は三一節(独立運動記念日、3月1日)に行われる予定だ。

 当初の設置場所はソウル市麻浦区上岩洞の旧日本軍駐屯地だった。京義線水色駅から列車に乗り、中国などに連れて行かれた慰安婦の集合場所だった。少女像を設置するのに象徴的な場所だと判断されたが、交通の便が良くなく、人通りも少ないという理由で取り消された。

 そうした時、募金に賛同した学生たちが「弘益大学 歩きたい街」広場への設置を提案した。設置を主導したイ・ボンス区議会議員は「若者層や外国人が多く訪れ、歴史意識を高める効果がある。『歴史観光』スポットとしても活用できる」と話す。ところが、弘益大学商工会が反発した。ある商店主(23)は「私自身も慰安婦問題の解決に関心があるし、(ソウルにある日本大使館前の)水曜集会に参加したこともある。しかし、慰安婦と何の関係もない弘益大学前の繁華街に少女像を立てることに何の意味があるのか分からない」と言った。別の商店主(37)は「弘益大学前の通りは夜になると酔っぱらいでいっぱいになる。汚物の投げ込みなどのトラブルが起きたら、混乱がさらに大きくなるばかりだ」と語った。
(引用ここまで)

 NIMBY ── not in my backyardですね。
 日本大使館前とか、実はけっこう寂れている釜山総領事館横とかならいいけど、うちの近所はやめてくれ、と。
 韓国の報道では「弘益大は親日派か」というように罵倒するものと、「設置許可を取らずにやろうとするとか無理だわ」とするコメントに分かれていて、どっちが優勢ということもないって感じですね。

 この騒動から分かるのは釜山でもあったように設置する側は「設置許可なんて必要ない」という認識があることですね。
 慰安婦像設置は絶対の正義。
 なのでそれに従わないなんてことがあるはずがないという認識なのでしょう。
 実際に設置強行しようとした際に「どいてください、大韓民国国民であるのならどいてください!」と設置側が叫んでいるニュースも流れていました。

 釜山の日本総領事館横に設置した際には、自治体側が撤去するという方針。設置側が撤去しようとする自治体は親日派だという論議になって、けっきょくは法が曲げられて有無をいわさずに設置されたという経緯があります。
 その設置場所が日本大使館や領事館の近くであれば国民的な同意も得られる。
 でも、商店街や大学前は違うだろ、という感じですかね。

 まあ、けっきょくは「それでもおまえは韓国国民か!」とか「おまえはチニルパか」で設置されて終わりでしょう。
 ちなみに弘大通りというのは典型的な若者の街、という認識です。慰安婦像100万体計画(なんてものがあるのかどうかは知らんけど)に向けて重要攻略拠点としているんでしょうね。

朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』
崔 吉城
ハート出版
2017/11/23