【社説】慰安婦合意を否定する文大統領に対日戦略はあるのか(朝鮮日報)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、三・一節(独立運動の記念日)記念の演説で慰安婦問題について「加害者たる日本政府が『終わった』と言ってはならない」と主張した。(中略)しかし日本政府は、「最終かつ不可逆的解決」を明記した2015年の慰安婦合意に違反するものだとして強く反発した。日本は文大統領の演説を、合意の破棄と受け止めている。両国間の対立が激化することは避けられない。 (中略)

 韓国政府がこの合意を否定したいのなら、その後どうするという戦略がなければならない。これまでの状況を見ると、そうではなさそうだ。文大統領は慰安婦合意のプロセスを調査すると発表した後、再交渉を要求しないまま、慎重な姿勢を示してきた。大統領府(青瓦台)の補佐官は、日本メディアとのインタビューで「文大統領は日本に追加要求をしないだろう」と語った。それなのに態度が変わったのだ。

 韓国の唯一の同盟国である米国は、韓米日3カ国の協力を基盤として北朝鮮の核と対峙(たいじ)する戦略を立てている。有事の際、米軍の増援兵力の大部分は日本にある米軍基地から発進することになる。北朝鮮の攻撃対象になっている日本がこれを拒否したら、深刻な状況になる。日本は韓国よりも強力な外交組織と資源を持つ国だ。国際的な評判は高く、影響力も強い。こういう国と外交で全面戦を繰り広げるつもりなら、緻密な準備をしなければならない。そうでなければ、日本から逆にやられかねない。
(引用ここまで)

 なんだかんだ言っても、慰安婦同意というのは日韓の両政府が真面目に取り組んだ「ちゃんと国と国として付き合うのであれば、これらの項目を守りましょう」という協定だったのですよね。
 だからこそ、そこそこどちらにも損のある項目が多くなっている。
 日本では左右ともに「韓国に全面的に謝罪しないとはなにごとだ」とか「韓国に反省の意を見せるとはなにごとだ」とか言い出す輩がいたのです。
 その一方で韓国でも、「日本に対して『不可逆的に解決』などという言質を与えるとはなにごとだ」みたいな話になったわけですね。

 けっきょくは合意によって利を得たのは日本でしたけどね。
 韓国がなにを言おうとも「最終的かつ、不可逆的に解決した」と言うことができるようになったわけですから。
 最初からその構図が見えていたので「これはいい判断」という話を楽韓Webではしていたのです。

 で、ムン・ジェインはその慰安婦合意を実質的に反故にすると言っている。じゃあ、その後の日韓関係をどうするのかという話なのですが。
 まあ、なにも考えていないというのが正解でしょう。
 ムン・ジェインが考えているのはどうすれば保守派を壊滅させることができるかとか、北朝鮮主導で統一を果たすにはどうすればいいかというようなていどのことで。
 それ以外の外交問題なんかなにも考えちゃいないのですよ。
 なんか考えていたら三不の誓いなんて出せるわけがない。あれこそムン・ジェイン政権が外交についてなにも考えていない証左です。

 日本にとっても悪くない話なのですけどね。
 なにか言ってきたところで「だっておまえら約束守らねえし」で終われるようになりつつある、ということです。
 慰安婦合意を守るようになったら? それはそれで問題ないでしょう。
 政府単位で慰安婦問題を封じることができるというのも悪くない話。ただ、少なくとも日本大使館前、釜山日本総領事館横の慰安婦像は撤去しないと話になりませんけどね。
 日韓関係はどちらにしてももはや詰んでいるのですよ。

韓国と北朝鮮は何を狙っているのか 核ミサイル危機から南北連合国家へのシナリオ
呉善花
KADOKAWA / 中経出版
2018/3/2