【コラム】「新・韓日戦」が与えた感動(朝鮮日報)
1997年9月28日のことは忘れられない。当時高校3年生だった記者は、あと2カ月余りに迫った大学修学能力試験(日本の大学入試センター試験に相当)に備え自習するため日曜日に学校に行った。午後2時、私たちは一斉に本を閉じて教室の片隅にあるテレビのスイッチを入れた。東京で行われていたサッカー・ワールドカップ(W杯)フランス大会アジア最終予選、韓国対日本戦を見るためだ。

 「富士山が崩れつつあります!」。0−1でリードされていた韓国が徐正源(ソ・ジョンウォン)と李敏成(イ・ミンソン)の連続ゴールで劇的な逆転を成し遂げると、中継アナウンサーが興奮して叫んだ。私たちは抱き合って泣いた。絶対に勝たなければならない相手である日本を破ったことに対する喜びの涙だった。選手たちが「勝てなかったら帰らない」と悲壮な覚悟で臨んだこの試合は「東京大捷(東京での大勝)」と呼ばれた。 (中略)

 先月18日も忘れられない日になった。平昌冬季五輪スピードスケート会場の江陵オーバルで五輪の歴史を飾る名場面が生まれた。女子500メートルで五輪3大会連続金メダルに挑んだ李相花(イ・サンファ)が銀メダルに終わると、突然涙をこぼした。涙が止まらなくなった李相花は新しい金メダリスト小平奈緒=日本=の方へ近づいていき、抱きしめられた。韓国語で「チャレッソ(よくやった)」と李相花の肩をポンポンとたたいた小平は、「今もあなたを尊敬している」と笑った。李相花も「あなたのことを本当に誇りに思う」と答えた。

 2人の温かいハグを見て、観客席のファンの多くも感動の涙をぬぐった。小平は「日本と韓国の間には国境があるが、これを越えて友情のレースをしたという事実は多くの方々の心を動かしたようだ」と言った。 (中略)

 韓日の若いスポーツ選手たちがベストを尽くして競い合った後、相手を認め、尊重する姿に、両国のファンは惜しみない拍手を送った。生きるか死ぬかの意気込みで試合をしていたこれまでとは違い、心温まる韓日戦にファンは「政治では作り出せないスポーツによる友情」と称賛している。平昌で感動を与えてくれた「新・韓日戦」が、こじれた韓日関係の解決のヒントになるのではないだろうか。
(引用ここまで)

 まあ、こういったくだらないコラムが日韓問わずに出るとは思っていましたわ。
 日本でも同様に出るでしょうね。

 以前に書いたように、選手同士の友情はあったとしてもそれを国同士のつきあいかたに敷衍するのは不可能なのです。
 それができるというのなら、具体的な方法・手段にまで言及しないと嘘でしょう。
 「ヒントになるのではないだろうか」とか生温い、なんの意見にもなっていない言葉を書くくらいなら黙っとけって話。

 小平とリの友情を敷衍する形で日韓関係がどうにかなるんだったら、キム・ブタンへの殺人予告をはじめとする炎上でカナダー韓国間が破滅しないとおかしいのです。
 嫌韓感情は出るでしょうが、国家関係が破滅したりはしない。
 それと同じことで、このていどの話によって日韓関係が動かされはしないというだけの話。