韓国GM労組「特別税務調査して不良経営責任問わなければならない」(聯合ニュース・朝鮮語)
[単独]通常賃金訴偶発債務8,400億... "すべて受けたい」は、GM労組(ソウル経済・朝鮮語)
[単独] GM、2016年には既に韓国GM貸出金不良資産に分類済み……「撤退準備と解釈される」(朝鮮ビズ・朝鮮語)
韓国GMが深刻な経営難に構造調整に入った中で韓国GM労組が6日、韓国GMのための特別税務調査と経営実態調査などを要求した。

GM労組はこの日、ソウル汝矣島KDB産業銀行本店前で記者会見を開き、「群山工場の閉鎖とリストラの実施に赤字経営事態に対する責任を労働者に転嫁して利益取りまとめるだけ血眼になった悪質なGM資本を糾弾する」とし、このように主張した。

彼らは記者会見文で「GM資本は今でも群山工場閉鎖を含むリストラ計画を撤回し、30万の労働者の未来が保障される具体的な新車投入ロードマップを提示しなければならない」とし「このような努力がなければ、政府と労組への協力を必要としてはならない」と指摘した。 (中略)

また、これらは韓国GMの不良経営は、過度の売上原価、使途が不明な業務支援費などはじめたと国税庁に韓国GMの不良経営のための特別税務調査 要求した。併せて、国会に外国投機資本を規制する法案を制定することを促した。
(引用ここまで)
生死の岐路に置かれた韓国GMが通常賃金訴訟に関連して8,400億ウォンに達する偶発性債務があることが分かった。過去2014年以前、通常の賃金に含まれていない3年分の定期賞与を返してほしいという労組の要求である。敗訴時、血税5000億ウォンがそのまま人件費に入ると思われる。7日、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「2017年の年間報告書」によると、韓国GMは、通常賃金訴訟と関連し、7億7,700万ドル(約8,400億ウォン)の偶発債務が発生することができる。偶発債務は、訴訟の結果が出るなど、状況が変われば確定された借金になる。5億9,200万ドル(6,400億ウォン)は、生産職、1億8,500万ドル(2,000億ウォン)は、事務職、通常賃金に関する訴訟である。

米国GMは経営難に群山工場を撤収し、韓国GMを生かす3兆ウォンの有償増資に産業銀行が5000億ウォン規模で参加してほしいと政府に要求した状態だ。 (中略)

業界のある関係者は、「8400億ウォンのうち、特に2000億ウォンは、使用者側が負担しなければなら可能性が非常に高い」と伝えた。しかし、労組は「必要になるお金」であるとして訴訟は不可避だという立場を見せている。
(引用ここまで)
米国ゼネラルモーターズ( GM)が2016会計年度の財務諸表で子会社である韓国 GMの累積損失に関連繰延税金資産を引当金(費用)で会計処理したことが確認された。これは、韓国 GMの利益創出の可能性がないと判断したもので GMが2016年からすでに韓国 GM撤退計画を立てたではないかという解釈が出ている。

会計の専門家たちは、このような GMの会計処理について、韓国 GMを事実上貸出金不良資産に分類したものであり、これを考えるとGMが韓国GMに新規資金を投入する可能性は低いと診断した。韓国政府も GMが提示した、今後の投資計画の実現可能性を保守的に判断して交渉戦略を策定中であることが分かった。
(引用ここまで)

 韓国GMの最新情報。面白すぎます。
 まず韓国GMの労働組合は政府に対して「税務監査をしろ」と要求しはじめました。
 4年間で3兆ウォンの赤字を垂れ流している原因としては不良経営があったはずなので、それを見つけ出せという話ですね。
 逆説的に自分たちは悪くない。決して人件費が構造的赤字の原因ではないと主張しているのです。

 2番目の記事はいわゆる通常賃金訴訟に対する労組の対応。
 通常賃金訴訟とは「定期賞与や昼食代は通常賃金である」として、定期賞与等を組み込んだ賃金を基準にして残業代等を計算し直さなければならないというもの。一審では企業側敗訴となっています。
 それでなくともさまざまな利権を得ている自動車業界の労組がこれをやっていることで、他の業界に勤める韓国人からは呪詛の声があがるほど。
 韓国GMはこの通常賃金訴訟において敗訴が確定した場合、最大で8400億ウォンの追加負担をしなければならないとされています。

 通常賃金訴訟に関しては事前に「敗訴したら海外に工場移転するしかない」って完成車製造5社が連名で述べていたのですが。韓国GMを含めて。
 ちなみにそのあと、ムン・ジェイン政権から圧力があってその声明は撤回させられました
 声明が撤回させても、実情が変わるが変わるわけでもないのにね。 

 で、アメリカのGM本社は通常賃金訴訟に負けた際の負債も含めて、韓国GMを帳簿上の不良資産として計上しているという話が3本目。
 しかも、2016年時点ですでに「ダメだこりゃ」とばかりに匙を投げている状況だったことが判明しています。
 去年までは企業買収時の契約で韓国から撤退することはできなかったのですが、現状はその期限を迎えていつでも撤収可能
 下準備は完了していると言ってもいい状況なのに、人件費削減には一切協力しないと労組側は述べています
 韓国GMが全面撤収するとなると、下請け等関連企業とその家族をあわせて30万人に影響が出るとか言われてます

ついにUSB3.0対応版が(笑)。
音入り自爆ボタン DX・USB3.0ハブ
キューブ
2017/12/18