アングル:米朝対話にはらむ日本のリスク、外交的に孤立も(ロイター)
米国との直接対話を模索する北朝鮮の変化は、日本が外交的に孤立するリスクもはらんでいる。日本にとって最悪のシナリオは、米朝が頭越しに接近すること。日本の安全保障や国益が無視されたまま、米朝間で取り引きが行われる可能性を専門家などは指摘する。

これまで安倍晋三首相は、核実験と弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮の脅威を訴えてきた。韓国で行われた平昌冬季五輪中も「対話のための対話では意味がない」、「非核化に向けて圧力を最大限まで高める」と繰り返し、その方針は米国と共有していると強調してきた。

しかし、米朝会談の機運が生まれたことで、その方針に狂いが生じる可能性が出てきた。「米トランプ大統領の行動は、予測不可能。支持率回復につながるとみれば何にでも飛びつく」と、日本の元外交官は言う。

北朝鮮との会談に応じることが支持率に結びつくなら、米朝対話はありうるとの見立てだ。「韓国はあまりに拙速に北朝鮮の提案に飛びついてしまった」と、同氏は懸念する。

日本にとって最大の懸念は、米国が自国の安全を守るため北朝鮮と取り引きし、北米大陸まで届く大陸間弾道弾(ICBM)以外のミサイルと核の保有を認めてしまうこと。日本は核ミサイルの脅威にさらされたまま、米朝の関係改善が進んでしまう。 (中略)

もし、米国が北朝鮮との対話を優先する韓国に傾けば、日本の不安は一段と深まるだろう。「米国が北との対話路線にかじを切れば、日本よりも韓国と関係が接近するだろう」と、グロッサーマン教授は述べている。
(引用ここまで)

 「日本が孤立化」っていうのは韓国メディアが何度も何度も嬉しそうに語っていることなのですが。
 アメリカの目標が「検証可能で不可逆的な非核化」である以上はなんの問題もないのですよ。
 その手段が圧力だろうと対話だろうと。
 目的はあくまでも「非核化」であって、その手段はどうでもいい。
 圧力をもって共闘できるのであればそれでいいし、非核化が実現できるのであれば日本が孤立化してもなんら問題はない。
 外交通商問題で全面的に孤立するわけでもないですしね。

 目的と手段が入れ替わっているような話が多いのですが、「非核化」「核のドミノ防止」の視点を外さずに見るべきでしょう。
 とりあえず、これまででアメリカ側の意見がここからブレたことはない。
 だからこれからも変わらないとまでは言いがたいですが、基本路線は踏襲すると思われます。

 日本としては北朝鮮の非核化、拉致被害者の奪還というのが二大目標。
 地域の安定化というのもあるかな。経済的にもよくない影響が出てますからね。

 それでもどう考えたって北朝鮮が一度入手した核を手放すとは思えません。
 なんらかの形でアメリカをだます以外に手はないのですが、それをアメリカが許すとも思えない。
 膝をつくか、強制的に膝をつけさせられるか。
 もはやシチュエーションはふたつにひとつしかないと思いますが。