韓国企業がベトナムで夜逃げ、現地で信頼低下懸念(朝鮮日報)
高成長続けるベトナム、韓国最大の輸出相手国に急浮上(朝鮮日報)
 2月21日、ベトナム南部ドンナイ省チャンボム地区にある韓国系の繊維メーカーK社を訪れた。一時は従業員3000人が働いていた工場に人影はなく、公安(警察)と警備員7人が正門と通用門を守っているだけだった。国旗掲揚台の太極旗(韓国国旗)とハングルの案内板はここが韓国企業だったことを物語っていた。現地従業員によると、2月8日にK社の韓国人社員12人が蒸発したのだという。2000人近いベトナム人労働者の1月分の賃金と社会保険料などの312億ドン(約1億4500万円)が未払いとなった。

 ベトナムに進出する韓国企業が4000カ所を超える中、経営が悪化すると、ベトナムから夜逃げする企業が見られる。賃金遅配だけでなく、工場の設備まで放置したままで帰国し、連絡を絶つパターンだ。現地の業界筋によれば、K社に続き、2月9日にはホーチミン市にある韓国の縫製工場B社も操業を中止した。ベトナム人労働者350人が賃金29億ドンを受け取れなかった。1月にはホーチミン市の韓国系縫製工場N社が従業員約600人の賃金と社会保険料計306億ドンを滞納したまま、雲隠れした。 (中略)

 ベトナムで最も大切な祭日であるテトを前に相次いだ韓国企業の夜逃げ騒動はベトナム社会の怒りを買った。ベトナムメディアは賃金を受け取れなかった従業員の実情を争うように報じた。ソーシャルメディアでは「こんな企業をレッドカーペットで迎え、インセンティブを提供したのか」といった批判が噴出した。事態が拡大すると、グエン・スアン・フック首相も乗り出し、労働者支援を指示した。ドンナイ省政府とベトナムの労働組合団体は、1月の賃金の半額と賞与の一部を肩代わりした。周辺の繊維工場10カ所余りは、K社の従業員を優先雇用することを表明した。韓国企業の夜逃げで生じた被害をベトナム社会全体が背負っている格好だ。 (中略)

 夜逃げは人件費上昇と景気変動に弱い零細繊維業者に集中している。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、2016年末現在でベトナムに進出した韓国の繊維企業は763社に達するが、1社当たりの投資額は28億ウォン(2億7700万円)にすぎない。こうした状況でベトナム政府は最近7年間(12−18年)に最低賃金を年平均18%引き上げ、人件費負担が経営を圧迫した。大韓商工会議所ベトナム事務所のイム・チュンヒョン所長は「中国の人件費上昇を受け、ベトナムに移転してきた業者がベトナムでも追い込まれている。一部業者は人件費がさらに安い国に移転するかどうか悩んでいる」と話した。
(引用ここまで)
ベトナムは月平均賃金が200ドル(約2万1000円)前後と低い上、中国による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)報復以降、「ポスト・チャイナ(post China)」としても注目されており、韓国企業によるベトナム投資も増加傾向にある。

 また、ベトナムは年平均6−7%という高い経済成長率を続けており、20年には人口1億人を突破する見込みで、消費市場としての潜在力も大きい。韓国貿易協会は「2015年12月に韓ベトナム自由貿易協定(FTA)が発効したことも輸出急増の主な背景にある」と説明した。韓国の全輸出が15年と16年の2年連続でマイナスを記録した中、ベトナム輸出は15年に24.2%、16年には17.5%増加している。

 韓国貿易協会のチョン・グィイル研究員は「韓流を活用して消費財輸出の割合を拡大すべきだ。ベトナムはこのほど環太平洋経済連携協定に関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)に署名したほか、欧州連合(EU)と締結したFTAが今年発効する予定なので、ベトナムの世界貿易ネットワークもうまく活用しなければならない」と話している。
(引用ここまで)

 韓国で最後の最後まで工場経営をしていた韓国最古の繊維企業である京紡の脱出先がベトナムでした。
 とどめを刺したのはムン・ジェイン政権による最低賃金上昇でしたが、それでも京紡は比較的最新の設備で付加価値を高めることができている企業であったからこそ韓国で操業できていたのでしょう。まあ、その最新の設備もろともベトナムに運び込むそうですが。

 そのベトナムで韓国の繊維企業の夜逃げが頻発しているとの話。
 ベトナム人の平均月給が200ドル。
 ここのところ、15%前後の最低賃金上昇があるとしても、倍になるのに5年はかかります。そこでやっていけないってどういうことよっていう。
 むしろ、おまえらはどこでだったらやっていけるんだって話。
 繊維業であってもそれなりの技術や知識は必要になるわけで、それを満たすことのできる国なんてそうそうない。
 曲がりなりにもひとりあたりのGDPが3万ドルを突破しようとしている韓国で最低時給が1.5倍になるのとはわけが違うでしょうにね。

 中国でも夜逃げを頻発させていました。
 古くは東欧でも大宇が倒産時に似たような撤退をして、いまだに工場周辺地域の人々は東洋人を見かけると「デウー(大宇)」と差別語的に吐き捨てるとのこと。ルーマニアだったかな。
 跡を濁しまくる。
 今後、ベトナムは消費地としても伸びるでしょうが、こういった経験をした人、その家族が韓国製品を使うかといったら疑問ですよね。

 っていうか、ベトナムでやっていけないんだったらもうアジアでは無理なんじゃない? 少なくともASEANでは無理。ベトナムより一人あたりの収入が低いのはカンボジアかミャンマーくらいなものですが、それらの国とて今後は似たような収入増の曲線を描くに決まっているのですから。
 そういう意味で韓国の軽工業にとっては開城工業団地は夢の土地だったのですが。これについてはまた別エントリで書くことになると思います。

 しかし、「ベトナムから夜逃げ」ってけっこうなパワーワードだよなぁ……。

ベトナム成長企業60社 2018年版
ブレインワークス
カナリアコミュニケーションズ
2018/2/28