数十兆が消えた「資源外交」……受けた損失額はMBポケットに?(ハンギョレ・朝鮮語)
李前大統領が110億ウォン台賄賂、340億ウォン台の秘密資金造成疑惑で拘束されたが、この前大統領と彼の側近をめぐるさまざまな不正疑惑はまだ残っている。代表的なのが、当時の国策事業として推進されたが数十兆ウォンの損失を残した海外資源開発事業である。この前大統領政権1年目、2008年から韓国石油公社、韓国ガス公社、韓国鉱物資源公社歳ところが推進した海外資源開発事業は、なんと170個に達する。

23日、産業通商資源部によると、資源開発という名目の事業者に43兆4000億ウォン(2017年6月末基準)が投資されて13兆6000億ウォンの損失が発生した。今後も不良資産を売却したり、正常化するために追加投資されるお金が残って損失額はさらに増えるしかない。ここで公企業と一緒について行った民間企業が2014〜16年た損失だけでも8549億ウォンに達し、ファンドも平均収益率が-25.8%を記録した。

特に投資はもちろん、投資資産を処分する過程さえ非常識なので、彼らの損失額が、李明博前大統領側に流れたことがあるという疑いさえ出ている。代表事例が石油公社が買収したカナダの石油会社ハーベストだ。石油公社は、2009年年の石油・ガス生産鉱区とオイルサンド鉱区を保有しているハーベストを4兆5500億ウォンで買収した。前例のない超大型事業であったが、交渉開始(2009年9月9日から)から最終契約までにかかった時間はわずか44日だった。ハーベスト側の要求に一緒に購入した精油施設の日(NARL)は、1973年に完成した後、ダウンタイムや火災が度重なった「問題の施設」であるが、現場調査一度なく買収し、3年ぶりに1兆ウォンを超える損失を見て売った。キム・ソンフン工事副長は、理事会の議決も経ずに2009年10月22日の収穫引数契約書に署名した。石油公社から経済性評価報告書を依頼されたメリルリンチはわずか三日目に、レポートを作成して、引数の妥当性を作ってくれたが、当時メリルリンチ韓国支店常務がこの前大統領の執事として知られているギムベクジュン前青瓦台総務企画官の息子であることが知られている疑惑はより大きくなった。拙速引数にチェ・ギョンファン、当時の知識経済部長官の役割が何だったかなどはまだ謎として残っている。
(引用ここまで)

 日本で資源外交にもっとも注目しているのが楽韓Webであるといっても過言ではないでしょう。
 早々にカテゴリに登録していたくらいですから → カテゴリ:資源外交
 当初から「絶対に汚職の温床になっている」という確信があったので、マスコミでピックアップされる度に扱ってきたものです。
 イ・ミョンバク本人がどうこうというよりは、周辺の人間に餌として与えられたのではないかという話になるでしょうね。

 韓国で両班らの王である大統領たるもの、周囲の人間を富ませなければならないのですよ。
 それが韓国の成功者の常であり、そうでもしないと「なんのためにオレたち(ウリ)はおまえを支えたと思っているんだ!」と糾弾されることになる。
 ムン・ジェインが労働組合に配慮している、あれほどグダグダで潰すか圧倒的なリストラが必要とされていた大宇造船海洋を年初に視察したほどです。
 個人的にはパク・クネはそれが少ない大統領だと思っているのですが。

 カメルーンのダイヤモンド鉱山はインサイダー取引に使われたもので、かつダイヤモンドなんて一粒もない鉱山だったためにオチが早くつきましたが。
 それ以外も2014年の時点でほぼ敗退が決まっているものばかり。 
 韓国の悪徳が詰まっているような話になることは間違いなく、韓国社会そのものを描くことになるでしょうね。非常に楽しみです。

結局、世界は「石油」で動いている
佐々木 良昭
青春出版社
2017/9/1