経営難の韓国GM労組に賃上げ交渉早期合意を呼び掛け 米本社(聯合ニュース)
米ゼネラル・モーターズ(GM)で海外事業部門を総括する同社幹部が経営難の韓国子会社、韓国GMの労働組合に対し、資金繰り難による倒産の恐れに言及しながら賃上げなど団体交渉の早期の暫定合意を求めたことが27日、分かった。

 業界や韓国GMの関係者によると、26日に来韓したGM幹部は同日に韓国GM労組と非公開で話し合い、「韓国政府はわれわれが4月20日ごろまでには経営再建案を確定して提示することを望んでいる」と述べた。3月末までに労使の賃上げ交渉が暫定合意にも至らなければ4月20日までに再建案をまとめるのは難しいとした上で、「再建案を提示できなければ、政府や(政府系金融機関で韓国GM株を保有する)韓国産業銀行の支援も期待することができず、資金繰りに行き詰った現在の状況では不渡りを出しかねない」と指摘した。

 また、4月末までに6億ドル(約634億円)程度の資金を調達する必要があると言及し、3月中に妥結には至らないとしても賃上げ交渉の暫定合意に協力してほしいと呼び掛けたようだ。

 6億ドルは早期退職に対する慰労金の財源を指すとみられる。韓国GMは早期退職者を募り、今月2日までに約2600人の社員が応じた。4月末までに慰労金を支給しなければならない。
(引用ここまで)
 クムホタイヤもだいぶ煮詰まっていますが、韓国GMもそれと同レベル、というお話。
 今週末の30日までにあるていど労使合意をまとめて、かつ4月20日までに資金調達しないと不渡りを出してしまう。
 不渡り=倒産ではありませんが、果てしなくそれに近い状況になり得る。

 労働者側にはさらなるリストラ、韓国政府には公的支援を要求。
 GM側の意に添わないことがあるなら、韓国からの撤退も辞さない。
 韓国GMは本気であることを見せることもあって、群山工場を閉鎖していますからね。撤退も選択肢のひとつであるのは間違いないでしょう。

 この記事のNAVERニュースの韓国版がこちら。

イングルGM社長「4月20日までに労働組合の合意なければ不渡り日かもしれない」(聯合ニュース・朝鮮語)

 コメントでは多くが「国のサポートを期待するな。貴族労働組合は死ね。撤退OK」って感じですね。
 4人にひとりは職がないともされている韓国の青年層失業率を上昇させている一因は、民主労総を中心とした異常な労働組合にあります。年俸が800〜1000万円という、韓国での数人分の給料を「スマホを片手の最低な作業効率」で手に入れているのですからねぇ。
 この20年以上、韓国の自動車産業は国内に新規工場を建てていない。
 本来であれば韓国国内に投資されていてもおかしくなかったはずの設備投資がすべて海外に逃避している。

 そう簡単ではない日本の就労ビザを入手してまで年に2万人以上の韓国人が日本で就職しているのです。
 それらの原因が労働組合にある。
 韓国人からも見放されているというのは実際なのだろうなぁ……ということを実感します。
 クムホタイヤ、韓国GMに続いてこれからこういった事態は増えるのでしょうね。