障害者保護者の土下座の訴えから6カ月…住民「特殊学校建てるな」激しく反発=韓国(中央日報)
ソウル江西区加陽洞(カヤンドン)の旧コンジン小学校4階の講堂にチョ・ヒヨン教育監が入ると、拡声器を持った一人の男性が立ち上がって叫んだ。約150席を埋めて廊下にまで立って説明会を待っていた障害者の家族らはこの男性に向かって「拡声器を消してください。説明会を聞きにきたのなら静かにしましょう」と訴えた。江西(カンソ)地域の住民というこの男性はむしろ「うるさいと思う人は耳をふさいで出て行けばいい」とし「保護者は被害者コスプレをせず、他人の地域のことに口出しするな」と声を高めた。

26日、ソウル江西区加陽洞の旧コンジン小学校の講堂でソウル市教育庁が主催した「住民と教育共同体が共にする特殊学校設立推進説明会」は、一部の地域住民の激しい反発で騒々しくなった。旧コンジン小学校は来年9月に開校予定の江西地域特殊学校(ソジン学校)が入るところだ。 (中略)

説明会が始まる前に到着した保護者チャン・ミンヒさん(46)は「市の教育庁が公式に特殊学校の開校日を決めて説明会をするというので前回のような極端な反対はないだろう」という期待を抱いていた。チャンさんは昨年9月にタプサン小(ソウル江西区)で開かれた江西地域第2回住民討論会で、激しく反対する地域住民の前で土下座をした保護者だ。

チャンさんの期待とは違い、説明会を1時間後に控えて旧コンジン小学校の正門前では江西地域住民20余人が「江西区の意見を無視する独善行政を直ちに撤回せよ」と書かれたカードを持って反対集会を始めた。拡声器を持ったある住民「市教育庁が住民と協議もせず一方的に特殊学校の建設を進めている。これは江西区の住民を徹底的に無視する行為だ」と不満を吐露した。

説明会出席のためチョ・ヒヨン・ソウル市教育監が旧コンジン小学校の建物に到着すると、一部の住民が集まって道をふさいだ。チョ教育監を囲んで進もうとする市教育庁の職員らと10分間ほどもみ合いが生じた。このため説明会は予定より20分ほど遅く始まった。

なんとか説明会が始まると、一部の地域住民はカードと拡声器を持ったまま「チョ・ヒヨン教育監、出てこい」を叫びながら暴言も吐いた。チョ教育監は「障害学生と非障害学生が共に生きていく温かい大韓民国を作ることがこれほど難しいという事実が心苦しい」と口を開いた。そして「昨年国民を悲しませた『土下座の訴え』以降、社会が変わったと考えたが、今日これほどまで反対されるとは思っていなかった」と話した。

チョ教育監がソジン・ナレ学校設立推進現況と住民便宜施設に関する説明を続けると、地域住民らは「黙れ」「(特殊学校を)お前たちの家の前に建てろ」「話にならないことを言うな」などと野次を飛ばした。一部の住民は拡声器のサイレンを鳴らしてチョ教育監の発言を妨害したりもした。一方、障害者の家族はチョ教育監の発言に拍手喝采するなど相反する反応を見せた。
(引用ここまで)

 「特殊学校を建てるならおまえたちの家の前に建てろ」
 この一言が韓国の障害者に対する気持ち、空気というものをよく伝えています。

 さすが「パラリンピックの放送時間が短いのは、障害者の人口比が少ないから」という言い訳をした国ですね。
 障害者は別物。自分たちとは違った生き物。隣人ですらない。
 自分たちは事故で障害を負うこともないし、子供や孫たちが障害者として生まれてくることはない。
 そういう考えかたでないと、こういう対応はできません。
 いわゆるNIMBYなのですよ。
 ゴミ焼却施設や火葬場と同じ扱い。

 一定の確率で障害者は生まれるし、事故・病気でそうなってしまう場合もある。
 障害者は隣人である、という認識がない。
 ソウル特別市には行政区分で25の区があるのですが、そのうち8つの区にはそもそも特別支援学校がない。
 記事で「土下座して特別学級の建設をお願いした」保護者は、そのうちのひとつ江西区に住んでいるそうです。
 韓国全体で障害者の3割しか特別支援学校に通えていないという現状があるのですよ。

 5年間で韓国国内で養子縁組みができた障害児は135人。
 それに対して「障害児輸出」で海外に養子として出された子供が3428人
 「韓国で障害者を目にすることはない、なぜなら彼らは外に出てこないからだ」なんて話もあるほどで。
 しんどい国ですわ。ホントに。