韓国GM労組ストライキ手順突入... 争議調整申請(聯合ニュース・朝鮮語)
韓国GM労組が事実上スト権確保のための手続きに突入した。
全国金属労働組合韓国GM支部は今月2日、中央労働委員会に争議調整を申請したと3日、明らかにした。
労組側は中労委が10日間の調整期間を経て、結果を出すように争議権を確保してストライキ突入を決定する方針だ。
もし中労委で調整停止決定をしたら、労組は組合員投票を経て合法的にストライキすることができる。
調整停止は労使間の賃金と団体協約(以下賃金団体協議)案件の見解の違いが大きく中労委は調整することがないことを意味する。労組側が争議権を確保することになる場合には、今後、韓国GM賃金団体協議にも大きな影響を与えると思われる。

労組の関係者は「争議調整申請は労働組合の当然の権利であり、無条件ストライキに突入するというわけではない」とし「今日、中労委が賃金団体協議交渉がスムーズに行われているかどうかの1次調査を終え、今後も引き続き調査に臨むだろう」とした。
韓国GM労使は先月30日、2018年度第7回賃金団体協議交渉を最後に後続交渉日程を決定していない状態で、立場の差異を狭めることができていない。
使用者側は深刻な資金難を強調しており福祉厚生費の縮小を含んだ交渉案を出したが、労組は賃金引き上げと長期的な開発の展望要求を先に議論すべきだとして対抗している。
(引用ここまで)

 ……この期に及んでまだストライキするか。
 ストライキがなんでも解決できる打ち出の小槌であった時代は終わっているのですけどね。
 経済成長とインフレが当然であった時代なら、賃上げにも応えられていたのでしょうが。
 低成長が定着している韓国社会ではおいそれとは賃上げすることはできない。
 ましてや韓国GMは4年で3兆ウォンという巨額赤字を叩き出している企業です。
 それなのに労働者が「成果給を出せ」とか言い出している。

 韓国産業銀行が語っているように、GM本社が最大の債権者であるために韓国政府やその他の債権団は手出しができないのですよ。
 「破産で終了」って韓国GMが言い出したらそれを止めることができない。
 そんな状況下でいまだに「工場閉鎖をやめろ、あと賃上げもしろ」って言っていて、さらにストライキはじめるとか狂気の沙汰ですわ。
 自分たちの置かれた立場というものを理解していない。
 共に民主党の支部を占拠しているSTX造船海洋も同様ですが、そういった手段に出て企業を脅せばいくらでも給料が上がっていたような時代は終わったのです。

 今後はヒュンダイ・キアの国内工場労働者も調整が必要になるのかもしれませんね。

デトロイトから見える日本の未来 WEDGEセレクション
WEDGE取材班 / 中西亨
ウェッジ
2013/12/20