釜山水産業界「韓日漁業協定妥結を待っていたら漁民は死んでしまう」(中央日報)
釜山市民団体、5月1日に日本領事館前に強制徴用労働者像を設置…「政府は邪魔するな」(中央日報)
釜山(プサン)水産業界が韓国政府に対し、22カ月間にわたって交渉が難航していている韓日漁業協定の妥結を求めた。 (中略)

釜山市民団体協議会のパク・イノ代表は「主要漁場だった水域が、ある日突然操業できなくなり、政府は交渉妥結はおろか最低限の支援もしてくれない」と述べた。集会に参加した徐秉洙(ソ・ビョンス)釜山市長は「海洋水産部の実務陣ではなく、青瓦台(チョンワデ、大統領府)や長官が動いて日本と交渉するべきだ」と韓国政府を批判した。
(引用ここまで)
積弊清算・社会大改革釜山運動本部と全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山地域本部は3日、釜山市庁前で記者会見を行い、「外交部や釜山市、東区庁、警察などに心から勧告する。妨害策動を中断して設置運動を積極的に保障せよ」と主張した。

続いて「平和の少女像を領事館前に設置したように、強制徴用労働者像もまたここに設置されるという事実は変わらない」と明らかにした。
(引用ここまで)

 釜山の水産業界が日韓漁業協定を妥結してくれるように政府に陳情する。
 んで、その一方で民主労総が釜山総領事館横に強制徴用労働者像を5月1日に設置すると強弁する。
 一応、釜山市・東区は設置について違法であるという宣言をしているとのことなのですけどね。

 実務交渉だけでなく、大統領府が動いて日本と交渉をすべきだと漁民は言う。
 その一方で「世界最悪の労組」がウィーン条約すら無視しようとしている。
 日韓関係をどうしたいのか、ってことなのですよ。
 ムン・ジェイン政権は対日外交を第一線に置いていないというのは、選挙中には対日外交ブレーンとなっていたはずのホカサ・ユウジ教授を閣僚としては登用しなかったことからも理解できますが。
 日韓関係というのは隣国関係であって、どうしてもつきあわざるをえないのも実際。

 そもそもハイレベル経済協議もそれに伴う日韓通貨スワップ協定再開交渉もなくなったのは、釜山に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置。
 それとまったく同じことをしながら、まさか日韓漁業協定が妥結できると思ってないよなぁ……と。
 ここは「外交王」「外交天才」と賞賛されるムン・ジェインの手腕の見せ所ですかね。

日本漁業の真実 (ちくま新書)
濱田武士
筑摩書房
2014/3/10