パク・クネに一審で懲役24年、罰金180億ウォンの判決が下りました。

 以下は実況で有罪、無罪になったものの一覧です。実況をその場で翻訳したものなので、異なっている部分があるかもしれないことをご承知おきください。

 Kスポーツ財団、ミール財団への財閥に対する支援金強要について職権乱用罪、強要罪で有罪。
 チェ・スンシルの企業によるヒュンダイ自動車への広告出稿強要について一部有罪。
 ポスコへのフェンシングチーム設立強要についても有罪。
 KTへの採用強要、広告代理店の選定についても強要罪、職権乱用罪で有罪。
 サムスングループへの「英才センター」への支援金でも有罪。
 CJグループの経営陣を退陣させるための強要未遂で有罪。
 チェ・スンシルの意見を聞くために大統領府の機密書類47件について流出。公務上の機密漏洩で有罪。
 Kスポーツ財団へのロッテからの70億ウォン支援を求めた件について「第三者賄賂」で有罪。
 サムスングループのチェ・スンシルへの213億ウォン支援については無罪。
 SKグループへの89億ウォン要求容疑で有罪。
 サムスン36億ウォン支援について賄賂罪で有罪。
 サムスンによるチェ・スンシル、チョン・ユラへの馬術競技用の馬購入などのサポートについても賄賂認定。
 イ・ジェヨンへの英才センター支援については「黙示的請願」を賄賂と認めず無罪。
 文体部局長が「ブラックリスト作成」に消極的だったために辞職を強要した件について職権乱用で有罪。
 文化人のブラックリスト作成で排除は憲法違反。職権乱用で有罪。


魔女狩り 西欧の三つの近代化 (講談社選書メチエ)
黒川正剛
講談社
2014/3/10