韓進グループ次女チョ・ヒョンミン大韓航空専務、広告代理店チーム長に「水かけ」ガプチル疑惑(毎日経済・朝鮮語)
チョ・ヤンホ韓進グループ会長次女チョ・ヒョンミンの航空旅客マーケティング専務(35)が、広告代理店の従業員のガプチル疑惑で非難された。2014年ナッツリターン事件で社会的な波紋を起こした韓進グループのオーナー一家が再びガプチル疑惑で俎上に乗せられたのだ。

12日の広告業界によると、チョ専務は先月の航空の広告代行を務めているA会社との会議の席で広告チーム長である従業員に水をかけたことが分かった。チョ専務は、会議に参加した広告代理店チーム長が大韓航空のイギリス便広告キャンペーンと関連し、自分の質問に正しく答えられないと激怒して顔に水をかけ、会議場から追い出したと伝えられた。このような被害事実はA会社の匿名掲示板にしばらく掲載されたがすぐに削除されたと広告業界は伝えた。当時の掲示板には「(チョ専務が)飲料水が含まれている容器を投げたが避けられた。さらに気が済まずに水をかけた」という文が上がってきた。このような疑惑は、広告業界全体に広がっている状況である。

より大きな問題は、ガプジル被害を受けたA社がチョ専務に謝罪をしたということである。関係者によると、A業者の社長が大韓航空側に謝罪の意を伝えたという。

Aメーカーは公式の立場としてはこの事件について言葉を濁している。A会社の関係者は「私たちが大韓航空の広告代理店であることは間違いない」と言いながらも「担当チームに確認したが、この件について(正しいとも間違っているとも)言葉をくれない。広告業の特性上、広告主に関連するビジネスの話はしないことが不文律だ理解してくれ」と明らかにした。

一方、大韓航空の関係者は、「当時、A店に英国の広告のために複数の場所を撮ってこいと注文しましたが撮ってこなかった、これ満足していないチョ専務が腹を立てた」とし「チョ専務が会議途中の従業員に声を上げたのみで、水や飲料水をかけたりはしてはいない」と否定した。

顔に水をかける行為は暴行罪に分類され、刑事処罰の対象となる。これに先立ち、2015年、ソウル中央地裁は不動産業者との口論で紙コップの水をかけた疑い(暴行)で起訴された主婦Aさんに罰金70万ウォンを宣告しています。
(引用ここまで)

 ナッツリターンのチョ・ヒョナが長女。
 先日、めでたく大韓航空傘下のホテル事業社長に返り咲きました。まだ執行猶予の身ではあったのですが。
 で、今回のチョ・ヒョンミンはナッツリターンが大きく報道された際に「あのパーサーに必ず復讐する」と宣言していた人物です。
 実際、件のナッツリターンで置いていかれたパーサーは会社で「存在しない人物」であるかのように扱われ、ストレスからか脳に腫瘍ができたそうです。

 ただまあ……今回の「広告代理店のチーム長が水をかけられた」なんていうのは普通のことじゃないですかね。
 少なくとも韓国では。
 大韓航空の専務といえば、凡百の企業にとっては神も同然。
 水をかけるくらいのことであれば普通。
 ボクシングが趣味の財閥3世が運転手に「赤信号で止まるなといったろう」と言って暴行したり、トラック運転手に対して金属バットで暴行して「暴行代」として200万円渡した……っていうくらいならまあニュースになるでしょうが。
 「気に入らない人間に水をかけた」なんて、彼らにとっては呼吸するのと同じことですよ。

水は答えを知っている
江本 勝
サンマーク出版
2001/11/25