韓国に到着したハリウッド俳優、合掌あいさつめぐり論争に(中央日報)
11日、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーションのために来韓したハリウッド俳優のベネディクト・カンバーバッチが、空港の入国フロアに姿を見せた時に仏教式の合掌あいさつをして論争となっている。

ベネディクト・カンバーバッチはこの日午後、仁川(インチョン)国際空港第2ターミナルを通じて来韓した。入国フロアに現れたベネディクト・カンバーバッチは両手を合わせて軽く会釈するようなしぐさをした。

これについて、この日、各種オンライン掲示板ではこのあいさつのやり方を指摘するコメントが数多く掲載された。西洋人が合掌を東洋の謙虚なあいさつだと認識しているのは、一種の偏見から始まったという主張だ。

一部のネットユーザーは「アジア人は皆、合掌するものだと思っているのか」「韓国に来るたびに合掌する西洋俳優、不快だ」「中国・日本に行く時も合掌をするのか見守ろう」などのような反応を示した。

一方、合掌が「礼儀を基盤としたあいさつ方法」という主張も多数見られた。「ベネディクト・カンバーバッチは合掌が東洋でよく使われる標準のあいさつだと思っているようだ」「合掌する人が全くいないわけでもない。嫌な気になるほどではない」という意見もあった。

論争が起きると、映画広報会社側はこの日、あるメディアを通じて「ベネディクト・カンバーバッチは仏教文化に関心があった。合掌に対しては(人種差別の)意図や意味はない」とし、ファンに対して丁重に挨拶する彼なりの表現方式だった」と伝えた。
(引用ここまで)

 うわぁ……どうでもいい。
 ま、確かにアメリカ人は東洋人に対して合掌のあいさつしますよね。
 あれが東洋人に対する礼儀というか、一種の偏見であるとは思います。
 ボストン時代の松坂も好投したときにチームメイトから合掌されてたなぁ。笑いながら合掌で返してましたね。

 こういう「東洋人」や「日本人」への偏見というか、一方的な視点というのは少なくないですね。
 映画版「ティファニーで朝食を」で描かれた日本人ユニオシは戦前戦中に培われたアメリカにおける日本人蔑視がほぼそのまま描かれていますし、いまだに日本人は「○○サン」と呼ばれるのはピエール・ロティのお菊さんの影響ではないかと思われます。
 それらと同じで一度、文化的に定着してしまったものを払拭することはなかなか難しいのですが。

 ベネディクト・カンバーバッチが偏見からそうしたのか、と考えるとまったくそんなことはない。
 むしろ、東洋的なものを尊重するくらいのつもりだったのでしょう。合掌するのはインド式ですけどね。
 韓国でこれが話題になるっていうのは、「韓国に来たのに韓国を知らない」という憤慨がそうさせるのでしょう。
 尊重されているかどうか、ではなく。

 韓国人の中では「あの偉大な韓国を知らないとはなにごとだ!」という話になっているのです。ま、実際に知られていないのですけどね。
 本当に狭量な人間が多いな、とは感じます。
 日本にきてレストランでキムチを注文するときにウエイトレスに向かって「kimuchiじゃない、kimchiだ!」と大騒ぎした俳優(?)がいて、韓国人はその態度を絶賛していましたが。
 根はそこと同じですね。

劇場で3D鑑賞の意味があった数少ない作品。
ドクター・ストレンジ (字幕版)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2017/06/02