政府批判コメに大量「いいね」、韓国与党党員3人逮捕=ソウル地方警察庁(朝鮮日報)
韓国の大手インターネット検索サイト「ネイバー」の掲示板で「いいね」の数を不当に操作したとして、与党「共に民主党」の党員3人が警察に逮捕された。平昌冬季オリンピックの女子アイスホッケー競技に南北合同チームが出場したニュースが国内外で大きな話題になったが、3人はこれに関連する記事へのコメントの中で、政府に批判的な意見に対して、特殊なプログラムを使って「いいね」を集中的にクリックさせていた。また3人は共に民主党のある中堅議員とメッセンジャープログラムを使ってやり取りを行っていたこともわかった。

 3人は600以上のIDを事前に確保し、そのIDを通じて記事へのコメントに特殊なプログラムを使って「いいね」を自動的につけさせていた。「文化体育観光部(省に相当)、大統領府、与党はすべてミスを犯した。国民は怒っている」「汗を流してきた選手たちに何の罪があるのか」といった現政権を批判する書込みに対し、共に民主党の党員が「いいね」をつけさせたのは一見矛盾しているようだが、これについて3人は警察での取り調べで「保守たちがプログラムを使って(ネットでの書込みを)どのように操作しているのかテストしたかった」「その際、保守が『いいね』の数を操作したようにみせかけたかった」などと供述しているという。 (中略)

 3人は2016年に共に民主党員となり、毎月1000ウォン(約100円)の党費を納めてきたこともわかった。警察の関係者によると、容疑者らがこれまで共に民主党主催の集会などに参加してきたかどうかはまだ確認できていないが、一方で共に民主党とは逆の保守的な考えを持つ偽装党員でないことも確かなようだ。
(引用ここまで)

 以前、与党である共に民主党の代表であるチェ・ミエから「NAVERニュースに政権批判のコメント登録が異常な数で行われ、かつ『いいね』がつきすぎている。これはコメント操作されているに違いない」と公の場で述べたことがありました。
 具体的には「女子アイスホッケー南北統一チーム結成について、韓国代表を無視したものだ」とするコメントが書かれ、それが支持されていたということを指していました。

韓国与党「ニュースサイトで政権批判のコメントが急増している。これは組織的犯行だ!」……自分たちの北朝鮮ごり押し政策には一切問題がないという認識らしい

 この組織的犯行を黙認したことで幇助していたのだから「NAVERの責任も問う」という姿勢を見せていたのです。
 NAVERはこれに対して自ら警察への捜査を依頼していたのですね。
 こんなことで責任を問われてはたまらないといったところだったのでしょう。

 で、その捜査結果が出まして。
 「共に民主党の党員が書きこみプログラムを使ってコメントし、かつ『いいね』を自動的に押すようにしていた」というものでした。
 大笑い。完全なるやぶ蛇ですね。
 3人ではありますが確かに組織的な犯行ではありました。
 まあ、正直なところこの工作がなくてもアイスホッケーの南北統一チーム結成については若者を中心に炎上していたでしょうけどね。

 野党側は「保守側の工作だと言っていたチェ・ミエの責任はどうなるのだ!」と糾弾を開始しており、政治的に炎上しかかっています。
 でもまぁ……現状の力を失った保守派の抵抗材料としては弱いかな、とは思われます。種火レベル。
 すでに保守党の力というのは相当に削がれています。6月の統一地方選挙でさらに弱まるでしょう。
 ムン・ジェイン政権の5年間だけで再起不能になるほどのダメージとなり、左派政権が延々と続く感触がありますね。