THAAD:デモ隊最前列に高齢者や女性、大半は地域外から参加(朝鮮日報)
【社説】韓国軍基地建設や国際的な行事に左翼団体の許可がいるのか(朝鮮日報)
 12日午前4時ごろ、慶尚北道星州にある在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)基地入口から1キロほど離れたところの橋に、人が集まり始めた。基地に入る建設資材や車両などの通行を阻止するためのデモ隊だった。デモ隊およそ150人は、橋を通る往復2車線の道を塞いだ。アルミニウムの棒を組んで作った碁盤のような格子状の空間に1人ずつ入り、緑色の網をかけて、警察が入ってくることに備えた。80代の高齢者や女性が最前列に配置された。ある警察幹部は「デモ参加者のうち、地域住民は20−30人で、残りは外部の人間」と語った。ある50代の女性は「ソウルを出発して、きのうの午後11時に着いた。ソウル遠征隊が50人くらい」と語った。

 このように組織的なデモが繰り広げられたのは、国防部(省に相当)が11日に建設資材搬入の件をTHAAD反対団体側にあらかじめ通知したからだ。国防部の関係者は「地域住民に知らせずこっそり工事を強行したという批判を避けるため、あらかじめ伝えた」と語った。

 警察は、午前5時からおよそ4000人を投入してデモ隊とにらみ合った。(中略)国防部は、砂を積んで待機していたダンプ8台を基地に入れないとデモ隊に約束した。ただし、昨年11月に基地へ入れたバックホー、フォークリフト、ブルドーザーなど重機の管理ができず錆ついているとして、これを搬出させて欲しいと要請した。反対団体側はこれを受け入れ、籠城をやめた。警察およそ4000人は瞬く間に撤収し、デモ隊は「われわれが勝った」と叫んだ。
(引用ここまで)
わずか150人ほどの活動家や住民らを制止し解散させることもできなかったのだ。活動家らは「米軍は去れ」「米軍のための工事は中断せよ」「米軍関係者の立ち入り禁止」などと書かれたプラカードなどを持っていた。デモ隊の中で地元住民はわずか20−30人だけで、残りは全国民主労働組合総連盟(民主労総)や全国農民会総連盟(全農)所属の職業活動家だったようだ。(中略)

今も基地内には韓国軍と米軍の兵士など400人が常駐しているが、彼らは倉庫や廊下などに野戦用のベッドを置いて寝泊まりしており、食事は戦闘用のものしか取れず、トイレの問題も深刻なようだ。また必要な物資はヘリコプターで運搬するしかないのが実情だ。
(引用ここまで)

 いまだにTHAADミサイル基地へ向かう道で検問をやっているのだそうです。
 去年の4月からやっているとのことでしたが、まだやってたのか……。
 当時から沖縄でやっていることや、国会でのセクハラバリケードに似て気持ち悪さしかなかったのですが、地元住人が少ないというところまで同じ。
 まあ、「活動家」なんてどこでもやっていることは一緒だよっていわれればそれまでですけどね。

 すでに「デンジハガー」とか「電磁波を浴びたら殺人マクワウリができる!」といったデマは喝破されているのですが、いまだにTHAAD配備に反対している。
 民主労総は北主導の統一を望んでいる従北勢力なので、THAADで防御されることが困るのでしょう。
 とはいえ、すでにTHAADミサイルはフル配備をされてしまっているので、嫌がらせていどにしかならないのですが。あのフル配備を命じたことで、ムン・ジェインの定見のなさというものが露見しましたっけね。

なぜ私は左翼と戦うのか (青林堂ビジュアル)
杉田水脈
青林堂
2017/4/8