韓国入りした脱北者 滞在長いほど満足度・適応性が低下傾向(聯合ニュース)
政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)の国際政策大学院のチョン・グォン教授とチェ・チャンヨン教授は17日、「KDI北韓(北朝鮮)経済レビュー」4月号に掲載した北朝鮮脱出住民(脱北者)に関する論文で、韓国入りした脱北者は滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下する傾向にあるとする研究結果を明らかにした。 (中略)

 アンケートの結果、韓国社会への適応性は滞在期間が5年以下と10年以上のケースを比べた場合、総じて0.1ポイント前後下落するか、または変動がなかった。人生に対する満足度も適応性と同程度の下落をみせた。論文は「滞在期間が長くなっても逆に適応度と満足度が低下するのは深刻な問題。より構造的な、上位の対策が必要だ」と指摘している。

 また、脱北者の創意性・革新性も滞在期間が長くなるほど低下する傾向をみせた。韓国に定着した脱北者が社会になじめず挫折と経済的困窮を経験し、次第に保守化する影響と分析される。
(引用ここまで)

 脱北者の韓国滞在が5年以下でも、10年以上でも適応性がほぼ変わらない。もしくは下落する。
 人生の満足度も同様。
 ……まあそうでしょうね。

 日本ではあまり語られていないことなのですが、脱北者はそりゃもうものすごい差別に遭ってます。
 北朝鮮で得た技術やら学歴はすべてゼロ扱い。移民と同様というかむしろそれ以下。
 どのような人物でも同じ。さすがにファン・ジャンヨプみたいな超大物でもあれば別ですが。

 そういった差別に遭ってきた脱北者は調査によっては70%がアメリカに行けるのなら行きたいと語り、ある調査ではは24%ほどが韓国を離れたいと語っている。
 イギリスやノルウェーからは「脱北者の偽装難民をうちに送ってくるな」って言われる始末。これ、つい最近も同じ話がありましたね。

 2010年頃に「北朝鮮との統一があるとすれば、韓国が北朝鮮出身者を奴隷のようにして安価に使うためのものだ」と書いたことがありましたが。
 それも脱北者への厳しい差別を見てのことでした。まあ、差別に苦しんでいるのは脱北者だけじゃなくて、中国朝鮮族なんかもそうですけども。
 そんな夢の楽園がいまは閉鎖された ── そしてムン・ジェインは再開する気満々の開城工業団地だったのですけどね。

生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った
パク・ヨンミ
辰巳出版
2015/11/20