釜山日本総領事館前への徴用工像設置 韓国政府「外交問題の恐れ」(聯合ニュース)
釜山の市民団体がメーデー(5月1日)に合わせて釜山の日本総領事館前に、日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像の設置を計画していることに対し、韓国外交部は外交問題につながりかねず、国立日帝強制動員歴史館に設置することが望ましいとの政府の見解を伝えた。

 像の設置を推進する市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革」の釜山運動本部は17日午後、日本総領事館前で記者会見を開き、外交部から受け取った公文書の内容を明らかにした。同部は「政府は、外交公館前への労働者像の設置が外交的な問題を起こす可能性が高い事案とみている」とした上で、日帝(日本による植民地時代)の強制動員犠牲者への追悼と後世に対する歴史教育のために、自治体が代替地として提示した国立日帝強制動員歴史館に強制徴用労働者像を設置することが望ましいと思われる」との見解を示した。

 これに対し市民団体は、「外交的な礼儀より、謝罪と賠償が優先と考える」としながら、日本総領事館前への像設置に引き続き取り組んでいく考えを示した。来週中に外交部と青瓦台(大統領府)前で記者会見を開き、日本総領事館前への像設置に保障を求める予定だ。
(引用ここまで)

 民主労総が言うところの「強制徴用労働者像」の設置に韓国政府は反対を表明した、ということですが。
 要するにこれは 「政府は反対したけども民主労総が強硬的に設置してしまった」という言い訳ですよ。
 「外交問題になる」ことを理由にして本当に反対しているのであれば、そもそも違法設置されている慰安婦像の撤去をしなければなりません。
 そうせずに「我々は反対という立場を明確にしておく」というだけであれば、

 むしろ、ムン・ジェイン政権と近しい民主労総としては、「これでお墨付きだ」くらいに思っているかもしれません。あるいは水面下で「このていどの表明にしておく」というやりとりがあったとしてもなんの不思議もありませんね。
 で、「市民団体」は「外交的礼儀よりも我々の求める謝罪と賠償が優先だ」としている。
 設置する気満々。
 これでまた一騒動。で、日韓関係は悪化するという民主労総の目論見通りになり、韓国政府はそれを黙認するといういつものパターン。
 まあ、それはそれで日本にとってもさほど悪い話ではないのですけどね。

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち
杉田水脈
産経新聞出版
2017/3/7