韓国GM「食い逃げ論」3大疑惑、よくよく見れば労組が間違っていた(中央日報)
ゼネラルモーターズ(GM)本社が提示した韓国GMの法定管理(裁判所主導の企業回生手続き)時限(20日)が迫っているが、労使は自己救済案について合意をできずにいる。このような状況下で、民主労総と与野党政界はGMとKDB産業銀行に対する批判を強めている。米国GM本社が韓国GMの利益を隠匿しており「渡り鳥」行為を繰り広げ、これを2大株主である韓国産業銀行が適切に防げなかったということだ。しかし、中央日報がGM本社の高金利ローン、過度の研究開発費の負担、米社の不合理な完成車・部品取引疑惑など韓国GM不良が原因で提起される3つの疑惑をGM本社の年次報告書(GM 10-K)と韓国GMの会計帳簿・信用評価報告書などをもとに分析した結果、特別な問題は発見されなかった。

まず、労働組合と政界はGM本社が韓国GMに年5.3%と4.8%の金利で1兆1000億ウォン(2017年末)を融資しているのは、「本社が韓国GMの利益を引き抜きのための高金利ローン」と主張する。高金利の融資は低金利でお金を借り、途方もなく高い金利で貸し出すときに成立する概念である。しかし、韓国GMへ融資したGM本社も4〜5%の金利で外部からの資金を借りている。GM本社も負債比率が507%(2017年末基準)に達するなど、財務状態がよくはないのでクレジット格付けが低いためである。国際格付け会社ムーディーズは今年2月、GM本社の信用格付けを「Baa 3」に評価した。韓国信用評価社基準では「BBB -」の評価である。一段階だけ落ちても社債では、資金調達が困難な投機等級(BB +以下)となる。信用が良くない本社が多少高い金利でお金を借りて子会社に似たような金利で融資することを「高金利で商売をする」と見るのは難しいだろう。

本社が韓国GMに過度の研究開発費を負担させたという疑惑も根拠が欠けている。オ・ミンギュ全国非正規労組連帯会議政策委員は10日、「韓国GM不良、本当の原因究明大討論会」で、「韓国GMの研究開発費の支出は、2003〜2006年の平均2700億ウォン水準で、2007年〜2016年まで6000億ウォン規模で跳ね上がった」と指摘した。

しかし、2003年から2017年までに韓国GMの売上高比の研究開発費の支出額の割合を調べると、すべての3〜4%で一定の水準を保っていた。研究開発費の絶対額が増えていた時期は、売上高も同じ比率で増えていたのだ。これは、海外現地法人の売上高の割合に応じて、海外子会社全体の研究開発費の支出額を分配する「コスト分担協定(Cost Share Agreement)」に基づくものである。海外子会社全体に適用される同じ研究開発費の処理基準があるので、韓国のみ過度の研究開発費を支出させたと考えるのは難しいだろう。パク・ヘホ韓国GM部長は「監査報告書に開示されていないが、支出された研究開発費の相当部分を本社が再び返すポリシー(役務の売上収益)もある」と説明した。

この他、本社が完成車と部品を不当な高価格で韓国GMに売却しているという疑惑も「経済協力開発機構(OECD)規約に基づいて、すべての海外支社で同じ価格で完成車と部品を取引している」というのが会社側の説明である。産業銀行実態調査チームもこれを確認するために、海外子会社の部品仕入れ状況を閲覧したりしたという話だ。 (中略)

不良原因を正確に把握したのであれば、代案もこれに合わせなければならない。このような巨視的な状況は、韓国政府と政界が変えることは難しい。また、GMが韓国市場から撤退するかどうかはGM本社の経営判断であり、これに関与することもできない。GMが韓国から撤退しても構わないというのであれば、韓国政府はこれに合わせて失業対策を考慮しなければならない。あるいは韓国GMを韓国に残留させることを望むのであればそれなりの理由を提示すべきだ。技術に優れたパートナーが多く、将来の技術を迅速に受け入れる韓国市場の利点を生かして韓国の工場の高コスト構造を克服するのであれば、GMも引き続き韓国でビジネスをする理由となるだろう。現代自動車やサムスン電子など韓国を代表する企業が海外生産基地を撤収するか否を決定するのと同じ基準でGMを見なければならない。
(引用ここまで)

 アメリカのGM本社が韓国GMを違法に搾取しているという主張があるのですよ。
 曰く……

・5%前後という高利で韓国GMへ貸し出しをしている。
・韓国GMに高額の研究開発費を負担させている。
・部品、完成車を韓国GMにだけ高く販売している。

 そういう主張があるからこそ、韓国GM労組は明日にも法定管理申請されようかという状況下でも「群山工場閉鎖を撤回しろ」みたいな強気の交渉に出ているという側面があるのです。
 先日の「韓国GM労組は法人としての韓国GMの刑事告発も視野に入れている」というのは、これらのことについての模様ですね。
 韓国GMの労組の上位団体にあたる金属労協、民主労総あたりが「韓国GMを国有化すればいい」というような話まで出しています。
 国有化云々は高利貸し等が業務上横領に当たるという主張に立脚している、ということらしいのですよ。
 韓国GMを韓国政府が接収して工場を引き継げばいい、みたいに思っているようですね。
 GMのバッジがつけられないものをどうやって売るのかさっぱりなのですが。
 労組側が知的所有権を寄越せ云々と言っていたのは、このあたりの戦略にもからんでいたのかな。

 ところが、中央日報が調査したところそういった事実はまったくなかったというオチ。
 この調査が本当であれば、これまで「韓国GMは違法企業だ」みたいに言っていた話がまったく通用しなくなってしまう。
 ですが、これが判明してもデッドラインまではあと1日。
 韓国GM側は20日になったら即法廷管理申請ということはせずに、ギリギリまで待つという姿勢のようですが。
 さて、どうなりますことやら。
 韓国GM最後の日まであと1日半。

そういえば日本のSF第1世代は豊田先生くらいしか生き残ってないなぁ……。
「宇宙戦艦ヤマト」の真実――いかに誕生し、進化したか (祥伝社新書)
豊田有恒
祥伝社
2017/10/10