徴用工像設置反対の韓国政府 自治体に協力要請(聯合ニュース)
韓国の市民団体がメーデー(5月1日)に合わせて釜山の日本総領事館前に、日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像の設置を計画していることを巡り、外交部の関係者が23日、領事館前の道路を管轄する釜山市の東区庁を訪問し、像の設置に反対する政府の立場を伝え、協力を要請したことが分かった。

 東区庁などによると、外交部関係者2人がこの日午前、同区庁を訪れ、朴三碩(パク・サムソク)区庁長と面談した。

 外交部関係者は「領事館前への像設置が外交問題になりかねず、適切ではないという政府の立場をあらためて伝えに来た」と説明。釜山市内にある国立日帝強制動員歴史館が像の設置場所としてよりふさわしいとしながら、総領事館前の像設置を防ぐよう協力を要請したという。

 これに対し朴氏は「自治体に(像設置を)防ぐ権限と力はない。市民団体に対し道路法違反などについて知らせることはできるが、像設置を防ぐ計画はなく、政府が直接乗り出すべきだ」と述べた。 (中略)

 このように外交部が自治体に対し積極的に協力を要請していることについて、韓日の高官級会談などを控え、徴用工像設置問題が政府にとって大きな負担になっているのではないかとの見方が出ている
(引用ここまで・太字引用者)

 外交部として「徴用工像設置は外交問題になりかねないので、適切ではない」という立場を再確認して、釜山東区に対して圧力をかけにきたのでしょう。民主労総に設置させるな、と。
 政府では道路使用の許可等は地方自治体が行うものと認識しているわけで。
 「おまえたちの管轄なのだからおまえらがやれ」としか言いようがない。

 その一方で東区では慰安婦像設置での大騒ぎで辟易しているというのがよくわかります。
 「我々の力では如何ともし難い。政府が直接乗り出すべきだ」という意見を延々と述べています。
 一応、記事の写真を見てもわかりますが植木鉢が設置されていて、防御手段となっているのだろうとは思われます。

 こっちが去年1月の設置当初の様子



 こっちが記事の写真。聯合ニュース日本語版からキャプチャ。
higashiku

 左側奥のレインコートを着させられているのが慰安婦像。
 まあ、こんなの簡単に蹴散らされるでしょうし、強行されたら手出しのしようがないというのは実際でしょうね。

 んで、「政府にとって大きな負担になっているのではないか」という話ですが。
 そもそも日韓通貨スワップ協定が沙汰止みになっているのも、その上位にある日韓ハイレベル経済協議にミリほどの動きがないのも、去年の釜山日本総領事館横への慰安婦像設置がきっかけですからね。
 対日外交で動きを出したくてもなんら出せていないというのが実際のところ。
 その上に「強制徴用労働者像」なんてものを設置された日にはどうなることやら。
 わりと楽しみにはしていますけどね。

たためるシリコン洗い桶 (グリーン)
アイメディア
2010/12/22