米「米朝会談決裂すれば“北”攻撃」と日本に説明(FNN)
一方、先週行われた日米首脳会談で、アメリカ側の出席者が、「米朝首脳会談が決裂すれば、軍事攻撃に踏み切るしかない」と日本側に伝えていたことが、FNNの取材で明らかになった。
(引用ここまで)

 まあ、ですよね。
 としか言いようがない。
 圧力をかけ続けてきたっていうのは、非核化させるためであって対話するためではない。
 24日のインタビューで語ったようにトランプ大統領が北朝鮮に求めるのは非核化だけ。自ら核廃棄し、それを検証可能なものとすることだけ。
 対話しても非核化を受け入れることができないというのであれば、アメリカに……というか、国際社会に残されている手段はひとつしかない。

 それ以前に「核の炎でワシントンを焼き尽くす」みたいな挑発言動も繰り返している。
 そもそもが核実験、ミサイル実験ともに国連安保理決議違反。
 さらにロシア、中国が反対していても必要があれば空爆を行うというのはシリアを見ても理解できるでしょう。

 南北首脳会談が意味がなかったと感じるのは、非核化を目標としているというだけで方法も期限も切っていない。それどころか「北朝鮮の非核化」ではなく「朝鮮半島の非核化」ですからね。
 アメリカは米朝首脳会談が行われる、あるいはどちらかが蹴るまでは様子を見ることでしょう。
 B-2ステルス爆撃機を10機飛ばしたっていうのはただの示威行為ではないのですよ。明白に準備を行っている、ということです。