釜山で強制徴用労働者像の設置衝突... ソウル相次ぐ火災(JTBC・朝鮮語)
釜山の日本領事館前に強制徴用労働者像の設置で徹夜対峙(聯合ニュース・朝鮮語)
メーデーの1日、釜山日本総領事館の前に強制徴用労働者像を設置すると予告してきた市民団体が一日前の30日夜、奇襲的に労働者の賞をインストールしようとして警察に遮られた。
市民団体と警察は互いに衝突を繰り広げるなど強く対立し、労働者像設置強行と封鎖の立場を曲げずに徹夜で対峙した。

積弊清算・社会大改革釜山運動本部強制徴用労働者像建設特別委員会は、過去30日午後10時30分頃、フォークリフトを用いて強制的に徴用労働者像を釜山東区にある日本領事館前に移そうと共に民主党釜山支部前の警察に集まった。
民主党釜山市党は、日本領事館のわずか100m以内の距離にある。

労働者像建設特別委会員100人余りと警察7中隊(約500人)は、労働者像の設置について対立しており、1日未明まで数人のメンバーと警察は体当たりをしたりした。
1日午前6時30分現在、労働者像建設特別委メンバーと警察の両方対峙する人員が減っており、現場の状況はやや小康状態に入った。
(引用ここまで)

 韓国外交部から「領事館前への像の設置は望ましくない」というコメントがあったために、韓国政府としてもメンツがかかっているようです。
 警察が領事館周辺の道路を封鎖するという宣言をし、かつ市民団体(民主労総)側がそれに対抗して30日の22時頃から奇襲して像の設置をしようとして衝突したとのこと。

徴用工像対策

 こういうデモ対策をするのは往々にして若い兵役で回されてきた義務警察なのですね。
 大変だなぁ……。
 画像はどちらもJTBCから引用。2枚目は明度を補正しています。

 で、その徴用工像ですが、アップグレードされてまして。

新徴用工像

 ろうそく持たされてます(笑)。
 サプライズとしてろうそくデモの精神を受け継いでいる……というか、像の設置はろうそくデモの一環であり神聖不可侵なものであるというアピールなのでしょう。
 元から「なんか変なポーズだよな」とは思っていたのですが、こういう目論見だったのですね。

 本来予定されていた設置セレモニーは午後からだったので、また一悶着あるということなのでしょう。

ロウソクの科学 (角川文庫)
ファラデー
KADOKAWA / 角川書店
2012/6/25