「強制徴用労働者賞」、立てようとする者と防ごうとする者(ハンギョレ・朝鮮語)
釜山の日本総領事館前強制徴用労働者像の設置を巡って、市民団体と警察の対峙と衝突が二日間続いた。結局、警察が労働者像を奪って設置を防いだ。市民団体の会員たちは、この日の午後遅くまで抗議デモを行った。

1日の朝8時頃、釜山東区草梁洞日本総領事館付近。前日の夜、ここに強制徴用労働者像を設置しようとし、これを防ぐ警察と一晩対峙した「積弊清算・社会大改革釜山運動本部強制徴用労働者像建設特別委員会」(釜山労働者像特別委)のメンバーと参加市民約100人が集まっていた。彼らは労働者像設置を防ごうとしている外交部と釜山市、東区、釜山警察庁などを糾弾した。キム・ジェハ釜山運動本部代表は「釜山平和の少女像がある日本総領事館前に労働者像を立てることができない状況が悲しい。これを防ぐ警察は親日行為をしたも同然だ」と批判した。

午前9時50分頃。参加者が重量1.2tほどの労働者像の下に鉄棒を敷いて転がしながら、日本総領事館に向かって移動しよう警察がこれを防いで立った。衝突が起きた。参加者は「警察は、日本総領事館で100m以内の区間の集会の制限をしただけで、労働者像設置を防ぐ権利はない」と主張した。警察側は「管轄自治体の東区役所から労働者像の設置を防いでほしいという要請があったので(法的に移動制限が)可能である」と述べました。

午前10時30分頃。警察は参加者に不法集会であるとして、何度も解散を通知した。続いて保護具を着用した機動隊を投入して、市民が取り囲んでいた労働者像の確保に乗り出した。労働者像を握っていた市民20人は叫んで叩いて全身で抵抗したが、すぐに警察の制限線外に押し出された。市民が続いて抗議したが、警察は保護具を着用した機動隊3個中隊を投入し、労働者の像を幾重にも取り囲む市民のアクセスを遮断した。

午後4時頃。日本の総領事館近くで民主労総と5つの進歩政党の共同闘争宣言記者会見と労働者像の設置大会が相次いで開かれた。主催側は集会参加者を5000人と推定した。警察は39中隊3000人を周囲に配置した。
(引用ここまで)

 「強制徴用労働者像建設特別委」は今日の設置を諦めて解散したとのこと。
 「後日に設置する」という捨て台詞を残した模様。
 警察は「領事館の100メートル以内での集会は禁止されている」という法律を前に出して、かなりの圧力をかけたようです。
 このあたり、警察力としてなにができるかというのを打ち合わせしてきた感じですね。
 ただ、NAVERニュースへのコメントを見るかぎりでは、慰安婦像のときのような猛反発ではないという感じ。
 「徴用者」では慰安婦問題に比べて押しが弱いというか、日本への糾弾がやりにくいというのは共通した認識のようです。

 ま、それ以前に南北首脳会談の余波でそんなことに構っちゃいられないっていうのが韓国の空気というか、雰囲気です。
 それ以外のことはどうでもいい、という感じ。

 あとは「韓国が徴用工像を防いだ」とかいう話に乗せられないことですかね。
 慰安婦像設置でマイナスに振れているメーターがさらなるマイナスにはならずに、マイナスのままキープされているだけであって、なんら関係が改善されているわけではないのです。

「えらいやつってのは 始めからワルなんかにならねえの!」ですね
こちら葛飾区亀有公園前派出所 42 (ジャンプコミックスDIGITAL)
秋本治
集英社
1986/9/10