世界卓球、読めない「コリア」の温度感 決勝進出へ、日本女子はどう戦うか(卓球王国)
日本女子、南北コリア下し決勝へ 3大会連続で銀メダル以上が確定 世界卓球(産経新聞)
 5月3日、大会5日目を迎えた世界卓球選手権団体戦ハルムスタッド大会。会場は朝から激震に包まれた。午前10時から行われる女子準々決勝での対戦が決定していた韓国と北朝鮮が試合をせず、統一チームの「コリア」として準決勝を戦うことがアナウンスされた。

 1991年の千葉大会でも韓国と北朝鮮はスポーツ界で初めて統一チームの「コリア」として世界選手権に出場し、女子団体戦では優勝に輝いているが、この時は大会前にすでに「コリア」としての出場が決まっており、合同合宿も重ねた上での大会参加だった。卓球界では世界選手権やワールドツアーで、他国の選手との「国際ペア」での出場が認められており、国家間を越えた大会参加の文化、前例はある。

 しかし、今回のような大会期間中の統一チーム結成は前代未聞。先週の韓国、北朝鮮による南北首脳会談で発表された「板門店宣言」内の「南北関係の持続的な発展と朝鮮半島の平和と繁栄、統一」に向けた取り組みのひとつであることは確かだ。 (中略)

今回の統一チーム結成は競技、選手を置き去りにし、外交が前面に出てきてしまった印象は否めない。

 今回、このような統一チーム結成に至った経緯を国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・バイカート会長はこう語る。

「昨晩、ITTFが作る財団のレセプションで、将来的に統一チームを作る話が出て、まるでアクシデントのように、翌日の準々決勝で試合をしないで(韓国と北朝鮮が)統一チームとして準決勝に進む話が出た。一晩掛けて両国からの最終確認を待ち、第2ステージ(決勝トーナメント)に出場の各協会の同意も得て決断した」

 もちろん今回のようなルールはなく、大会期間中の統一チーム結成に関して、会見では「ITTFは自由にルールを変えることができるのか」という厳しい質問も出たが「われわれはルールを尊重しているし、ルールも変える。これはルールを超えた出来事で、平和へのサインだ。次にこういうことはないだろう」と答えている。
(引用ここまで)
 国・地域別で卓球の世界一を争う世界選手権団体戦の女子準決勝は4日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、日本が大会中に急きょ結成された韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3−0で勝ち、2014年東京大会から3大会連続の銀メダル以上を決めた。
(引用ここまで)

 生中継はなかったのですが、スポナビの速報をちらちらと見ててストレートで勝ったときには小さいガッツポーズが出てしまいましたね。
 2試合目の石川−キム戦で第4ゲームを取られたときは流れがよくない感じになりましたが、それ以上の激戦となった第5ゲームを取れて「勝った」と感じました。

 さて、月刊卓球王国の記事にあるように、ルールとしてこれはどうなのっていうのもあるのですが。
 準々決勝で戦いもせずに、
 逆にいえば世界がどのように南北首脳会談を見ているか、ということが分かるのではないでしょうか。
 今回の国際卓球連盟の対応、平昌冬季オリンピックにおける女子アイスホッケー統一チーム結成へのIIHFによる対応と特別扱いが続いています。
 当事者の日米中韓以外は「分断国家間で対話があったんだ。これで平和になるんだ、よかったね」くらいの受け止められかたをしているということです。
 平和の試みをしているのであって、それは優先されるべきだというような甘っちょろい受け止められかたをしているのですね。
 今回、前回のルールを超えた対応を見れば分かってもらえるかと思います。

 日本、そしてアメリカはこういった「平和」へのアピールを超えて北朝鮮への圧力を強めなければならない……ということなのですね。
 なかなかにしんどいことではあります。
 そして、この面に関していうのであればいまのところまでムン・ジェインは「平和の偽装」をうまいことやっているな、とは思われます。外交王の名は伊達じゃない、といったところでしょうか。

希望の国の少数異見 同調圧力に抗する方法論
森 達也
言視舎
2017/3/31