日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明(聯合ニュース)
韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向け努力すると表明した上で、今後このための協議が始まるとの見方を示した。4日の韓国、日本、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による財務相・中央銀行総裁会議後に報道陣に明らかにした。

 韓日のスワップ協定は2015年2月に終了したが、両国は16年8月、韓国の提案により再開に向けた協議を開始することで合意した。しかし、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の従軍慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことを受け、昨年1月に協議は中断された。

 李総裁は今年3月下旬まで「(協議)再開までは時間がさらに必要」と発言していた。だが、南北首脳会談などを機に北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ。
(引用ここまで)

 聯合ニュース曰く「北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ」ですって。
 ……どこが?
 「北東アジアの情勢が変わり」っていうのは、北朝鮮情勢のことなんでしょうが。
 なんでそれで「日韓通貨スワップ協定の協議再開をしましょう」なんてことになるのやら。
 今年の2月にはこの韓銀総裁から「日韓通貨スワップ協定を再開したい」という声は出ていましたし、それについで韓国の財界からは「アメリカの金利引き上げでキャピタルフライトが起きたときに必要だ」という声が出ているようですが。

 今回のASEAN+3の財務相会議で関連討議としてあったのはチェンマイイニシアチブについて。
 IMFによるレビューなしで40%までは使える(現状は30%まで)ようにしようという話が出たのだけども、ペンディング。これ、提唱からされてだいぶ久しいのですが、足並みが揃わずに保留され続けていますね。
 あとは日中韓の財務相・中央銀行総裁会議もありましたが、その共同ステートメントはこちら。

第18回日中韓財務大臣・中央銀行総裁会議(財務省)

 どちらも日韓通貨スワップ協定の話はゼロ。
 二国間通貨スワップ協定はシンガポールと延長、インドネシアとの改定があったくらいですかね。どちらもこれまで米ドルのそれだったのですが、日本円を使うことをシンガポールとの協定では検討、インドネシアに対しては決定されているとのこと。
 去年はフィリピンとの同様の契約締結がありましたね。
 じわじわとですが、日本円をアジアに広げていきたいという意向を実現できているようです。

 え、韓国?
 通貨スワップ協定の再開協議中止は釜山の日本総領事館横に慰安婦像を設置したことに起因しているのですから。
 それを撤去してからゆっくり考えればいいんじゃないでしょうかね。
 約束を守れるようになってから契約しましょうね、ってことで。

ただいま50%オフのセール中。
自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
2016/11/4