無人店舗増える韓国のラーメン屋、機械化で人件費削減(朝鮮日報)
 店の中に機械しかない「無人店舗」が増えている。注文は自動販売機で受け付け、調理や後片付けは人間が担当していた「セルフ店舗」から、一歩進展した形態だ。ラーメン屋では機械がラーメンを湯がき、爪にデザインを施すネイルショップでは機械がマニキュアを塗り乾燥させる。人件費を「ゼロ」に抑えようとするオーナーが増えたことで、見られるようになった現象だ。値段が安い上、365日、24時間フル稼動できることから、顧客満足度は高い。

 最近ソウル市麻浦区延南洞で自動販売機を利用した無人のラーメン屋が人気を呼んでいる。約13平方メートルの店内には、厨房(ちゅうぼう)の代わりにラーメン製造・販売機が3台設置されている。それぞれ韓国風、日本風、無国籍ラーメンの販売機だ。クレジットカードで3000−4000ウォン(約300−400円)を決済すると、3分後にはラーメンが出てくる。オーナーのシン・ヒョンギョンさんは「最近は人件費が高い上、家賃も高騰しているため、こういったやり方でなければ、収益は出しにくい。人間に代わって機械を利用するようになったことで、週末や夜勤の手当ても出す必要がなく、年中無休で運営できる」と笑みを浮かべる。 (中略)

 無人店鋪に対する反応は、世代別にやや温度差がある。若い層はほとんどが「便利で安い」と好感を持っている。これに対して、機械の注文が苦手な老年層は「使い方を教えてくれる人がいないため不便だ」との意見が多い。東国大学経営学科のヨ・ジュンサン教授は「人件費に対する負担が年々拡大してきたことで、サービス分野でさえも無人店舗の創業に対する関心が高まりを見せている」と分析した。
(引用ここまで)

 無人店舗……というか、ただの自販機のあるお店ですね。
 写真を見るかぎりではインスタントラーメンに湯を注いで出しているだけにしか見えないのですが、それで300-400円。
 ……まあ、韓国で「ラーメン」といえばインスタントラーメンのことなので、これでよいのでしょう。

 それよりも見るべきところはおそらく無人店舗の増加具合。
 いかにして人件費を削減するか、というところにこそ活路がある。というかそこにしかない。
 去年、最低賃金が引き上げられた時点ではハンバーガーショップ、コーヒーショップにタッチパネルで注文する「無人注文」「無人決済」が増えているという話でした。
 まあ無人注文であれば少なくとも調理やサーブする人間はいる、ということですよね。
 それが今回は無人店舗になっているわけで。より進化しているというか。
 悪化しているというか。

 大宮でやってたJRの無人店舗や、AmazonGOみたいな無人コンビニなら未来感があるのですが、韓国のこういった無人店舗にはなんというかディストピア感しかありません。
 提供しているのがインスタントラーメンだからっていうのもあるかなー。
 「こんな偽物のラミョンじゃなくて、ちゃんとスープをとった1杯1000円のラーメンってヤツを一度でいいから食ってみたいもんだぜ」って感じですかね。

映画のディストピア
中原昌也 / ノーマン・イングランド / 小野寺生哉 / 寺沢孝秀 / ナマニク / 鷲巣義明 / 高橋ヨシキ
洋泉社
2018/3/20