米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで開催(日経ビジネスオンライン)
──米朝首脳会談はどんな結果を生むでしょうか。

鈴置:大きく分けて3つの展開を予想できます。「米朝首脳会談、3つのシナリオ」をご覧下さい。首脳会談でトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対し「つべこべ言わずにまず、非核化しろ。見返りはその後だ」と要求するのは確実です。

 いわゆる「リビア方式」です。2003年12月19日にカダフィ大佐が非核化を受け入れると、米英の情報機関は直ちにリビアに入り、核関連施設を米国に向け運び出しました。翌2004年3月には全ての作業を終えるという早業でした。

 トランプ大統領の要求に金正恩委員長が素直に応じれば、平和のうちに北朝鮮の核問題は解決に向かいます。シナリオ,任后

 ただ、北朝鮮が素直に核を放棄するとは考えにくい。金正恩委員長がリビア方式を拒否し、トランプ大統領が席を蹴る可能性が高い。

 そうなれば米国は空爆など軍事力による解決を選ぶか、少なくとも経済制裁と軍事的な圧力を強化するでしょう。シナリオです。

 もちろん、金正恩委員長だって空爆されれば、あるいは経済制裁を強化されるだけでも相当に困ります。そこで、「核を放棄するから体制を保証して欲しい」などと様々の条件を付けて対話が決裂しないように持って行くでしょう。これがシナリオ△任后
(引用ここまで)

 鈴置高史氏のいつものコラム。
 このままでは「制裁のさらなる強化、もしくは空爆」というシナリオ3に向かう。
 それを避けるためにムン・ジェインとキム・ジョンウンは平和を偽装し、アメリカのイメージを低下させる方向性で動くだろう、という話ですね。
 そして、その手段として世界卓球の南北統一チームなどが使われているということは楽韓Webでも指摘している通りです。
 統一チームのエントリで書いたように、まさに南北共同で「平和の偽装」を行おうとし、「悪のアメリカ」「悪の日本」を作り上げようとしているのですよ。

 南北は手を取り合って平和への道をひた走っている、ということにしたい。
 板門店宣言で非核化を目標とし、経済協力を打ち出し、これまで陸の孤島と化していた韓国は鉄道で大陸につながるようになる……と。
 そのためにキム・ジョンウンの好感度を上げ、朝鮮半島をH型につなぐ鉄道の中の棒部分を「平和ベルト」と呼ぼうとしている。
 北朝鮮による韓国系アメリカ人虜囚の解放もその路線である、とは鈴置氏の談。
 「南北朝鮮による平和勢力」と「悪のアメリカ」という演出をしようとしているのです。

 ただ、トランプ大統領の基本的な方針として「過去の大統領とは異なる」というものがあります。
 特に「弱腰のオバマとはなにもかもが違うのだ」ということを見せたいというベースがあるのですね。
 対北朝鮮強硬派のボルトン、ポンペイオも揃っている。
 非核化をいうのであれば「リビア方式」の要求は曲がらないところでしょう。
 そして、北朝鮮がそれを拒絶するのであれば、この記事でいうところの「シナリオ3」に向かうであろうと予測します。
 ムン・ジェインがなにをどう演出しようとも、北朝鮮は核を手放さないことは確定しているのですから、シナリオ1は成立し得ない。
 その結果がさらなる制裁強化なのか、北爆かはともかく。
 過去のアメリカが犯してきた「妥協による対話路線」には向かわないでしょうね。

ノンフィクションとして面白いですよ。
北朝鮮 核の資金源―「国連捜査」秘録―
古川勝久
新潮社
2017/12/22