北朝鮮の豊渓里閉鎖から日本も専門家も招請から外れる(中央日報)
北朝鮮が12日、豊渓里(プンゲリ)核実験場の爆発・閉鎖現場(23〜25日)に韓国や米国などからジャーナリストを招待すると明らかにしたが、専門家はこの対象から外れた。国際原子力機関(IAEA)や包括的核実験禁止条約機関準備委員会(CTBTO)のような国際機構への言及もなかった。豊渓里核実験場の閉鎖は北朝鮮の非核化の誠意を示すための初めてのイベントといえるが、専門家が外れた場合、限界があるとの指摘がある。

当初から専門家の招待は青瓦台(チョンワデ、大統領府)が強調し続けてきた事案だ。韓国の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席は先月29日、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、北部(豊渓里)核実験場の閉鎖を5月中に実行すると述べた」とし「これを国際社会に透明に公開するために韓米の専門家とジャーナリストを北に招くと述べた」と伝えた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、今月1日、アントニオ・グテーレス国連事務総長との電話会談で「閉鎖現場に国連も同席して、廃棄を確認してほしい」と提案した。

だが、北朝鮮外務省公報は「国内の報道機関はもちろん、国際記者団の現地取材活動を許容する用意がある」と明らかにするにとどまった。取材活動に関連する交通・宿舎・記者センターの用意など具体的な便宜措置まで発表した。それでも公報内容を見る限りでは、専門家の出席は排除された状態だ。これに対して青瓦台関係者は「北朝鮮はいろいろな事項を考慮したはずだが、最終的にどのような決定が下されるか分からない」として含みをもたせた。

北朝鮮の発表だけ見ると、事前の坑道公開など、実質的な査察活動が可能かどうかに対する言及も全くない。専門家は、核実験後に地下トンネルに残ったプルトニウムやウランなど核物質試料を採取すれば、現在残っている在庫量を推定することができるという。匿名を求めたある核科学者は「今後に続く査察過程を通じて、第1回〜第6回の核実験過程でプルトニウムやウランをどれくらい使ったのか必ず突き止めておくべきだが、北朝鮮は実際には高濃縮ウラン弾を使ったにもかかわらずプルトニウム弾を使ったと主張することができる」とし「このような疑惑を解消するためには、実験場の閉鎖より正確な検証が先だ」と主張した。
(引用ここまで)

 当初から楽韓Webでは「プンゲリの核実験場破棄なんてショーに過ぎない」という話をしてきましたが、当の北朝鮮からも「ショーの中継担当者だけは入ってもいい」というお達しがきましたね。
 IAEAのような専門機関からの招致はなし。
 核実験場廃棄がただのショーであって、なんら意味を持たないということがほぼ確定したようなものです。
 もとより日本の排除はあり得る話でした。
 日本を目の敵とすることで南北のつながりの強さを演出するという面もあるのでしょう。
 招致されなかったということになんの不思議もない。

 専門家の目というものは我々が思っているよりもはるかに怖ろしいもので。
 とある「工場初潜入!」っていうよくあるバラエティを見ながら、その業界の人が「この工程のこの機械の部分にモザイク入っているってことは○○を扱っているってことを意味している。ぎりぎりまで公開しているってことはこのあとにラインを入れ替えるのかもね」みたいな解説を飄々としてくれまして。
 専門家は怖いな、と感じたものです。

 韓国政府がサムスン電子の半導体工場における作業環境報告書を公開しようとしたことに対して、サムスン電子は裁判所に執行停止の仮処分申請を行っているのですが。
 素人にはなんのことかも分からないようなちょっとしたような話が、専門家には大ヒントになるのです。
 映像を見てもあるていどは判別がつくでしょうが、やはり現地で見てみなければ分からないことは山ほどあるのですよ。
 というわけで専門家の訪問を封じたのでしょう。
 北朝鮮の非核化なんてことは端からあり得ないという傍証にもなると思います。

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2017/4/20