朝米首脳会談 「一方的な核放棄強要なら再考」=北朝鮮外務次官(聯合ニュース)
韓国政府「当惑」 北朝鮮が南北閣僚級会談を一方的に中止(聯合ニュース)
北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官は16日、「われわれを追い詰め、一方的な核放棄だけを強要するなら、そのような対話には興味を持たない」として、「朝米(米朝)首脳会談に応じるかを再考せざるを得ない」と表明する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 金氏は「トランプ政権が朝米関係改善のための真剣さを持って朝米首脳会談に臨むなら、われわれの相当する呼応を受けるようになる」とし、米政府の方針転換を求めた。
(引用ここまで)
北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、同日に板門店で開催予定だった南北閣僚級会談を中止すると発表した。11日から始まった韓米軍事演習を理由とした。韓国政府は北朝鮮の一方的な措置に戸惑いを隠せずにいる。

 韓国政府によると、北朝鮮はこの日未明、韓米空軍の航空戦闘訓練「マックスサンダー」を理由に閣僚級会談を「無期限延期する」と通知してきた。同午前3時ごろには朝鮮中央通信を通じ、公式発表した。 (中略)

 統一部当局者は「北側が閣僚級会談の日程を協議する際、韓米軍事演習を問題視する雰囲気は全くなかったと承知している」と話した。とりわけ、マックスサンダーが11日から始まったことから、これを問題視し中止を通知してきたことは納得し難いとのムードもあるようだ。
(引用ここまで)

 今日予定されていた南北閣僚級会談を北朝鮮が突然のキャンセル。
 理由は米韓合同軍事訓練をやっているから、ということになっています。
 次いでアメリカに対して「強硬姿勢であれば我々は米朝首脳会談をやめることも辞さない」とコメント。

 北朝鮮がアメリカの本気度を見定めている、というところでしょうかね。
 この記事にはありませんが北朝鮮の「リビア方式などというものを強要するのであれば、対話を再考慮しなければならない」というような物言いだったとのこと。
 先日のジョン・ボルトン大統領補佐官のインタビューで「北朝鮮に課す非核化はリビア方式で完全な査察を受け入れてもらう。すべての核弾頭はアメリカの施設に持ち込む」としたことへの返答でしょうね。
 それであれば米朝首脳会談を拒絶するという話にして駆け引きをしたいのでしょうが。

 はっきり言ってしまえばアメリカはどのオプションでもいい段階にあるのですよ。

・首脳会談をした上での非核化(リビア方式)
・首脳会談をした上での決裂→制裁強化、もしくは開戦
・首脳会談が拒絶された上での制裁強化、もしくは開戦

 国際社会はどのオプションであろうとも受け入れるでしょう。
 そりゃ表面上は「平和裏にすべてが進むのがいい」とするでしょうけども。
 世界卓球選手権での嘘くさい統一チーム結成の経緯とか見ても、もっとも受け入れられやすいのは「平和裏に行われる」ことでしょう。

 それは「非核化」という結果が伴うことが前提であって、非核化という目標を達成できないのであれば話は別なのですよ。
 しかも、アメリカからパキスタンまで自国の核兵器を建前としては「核兵器で攻撃された際の反撃オプション」として位置づけているにも関わらず、北朝鮮だけは「我が国の核兵器でワシントンを燃やす」というような挑発をし続けてきた。
 北朝鮮はもはや危険すぎて放置しかねる、というのは国際社会における合意事項。
 国連安保理決議違反を繰り返しているわけですからね。

 そんな中、韓国と北朝鮮だけが「我々が求めているのは平和だ」とか板門店宣言がどうこうとか言い出してきた。楽韓Webがいうところの「虚偽の平和」を押し出すことで国際世論を押し切ろうとしている。中国もそれにいっちょ乗りする気満々。
 さて、それが通用するのかどうか。「米朝首脳会談をキャンセルするぞ」なんて脅しがいまさらアメリカに通用するのかどうか。ま、どっちにしても6月半ばまでには決まることでしょう。

 ちなみに今日開催予定だった閣僚級会談には韓国側から国土交通部や山林庁の次官クラスまで出席する予定でした。鉄道の南北接続等も話し合われる予定だったのでしょう。

南北閣僚級会談 韓国から国土交通部・山林庁幹部も出席(聯合ニュース)

 韓国政府の脳内では米朝首脳会談後の朝鮮半島にはバラ色のような未来が拡がっており、経済協力する気満々なのがよく分かります。

キャンセルにご用心 (ハーレクインSP文庫)
エマ・ダーシー
ハーレクイン
2017/5/18