「核搬出打診は虚偽」 韓国大統領府が朝日を出入り禁止に(朝鮮日報)
「鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(写真)が、北朝鮮の保有する核兵器と核物質を海外に搬出する案を米国に打診した」と報じた朝日新聞に対して、韓国大統領府(青瓦台)は18日、無期限の出入り禁止という重い懲戒処分を下した。

 大統領府の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席は18日午後、大統領府出入りの記者に配った公式見解を通して「4月24日に鄭室長がホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)に対し、北朝鮮の核兵器の一部搬出案を提案した、とする朝日新聞の記事は全く事実ではない」と主張した。

 続いて尹首席は「根拠のない記事を事実確認なしに報じた朝日新聞に強い遺憾を表する。大統領府は朝日新聞の今回の虚偽報道に関して、対応案を積極的に検討する」と付け加えた。 (中略)

 これに先立ち朝日新聞は、匿名の韓米関係消息筋の話を引用して「鄭室長が4月24日、米国ホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官と面会した際、米国側にこうした案を打診した」と報じていた。

 同紙は、「鄭氏は段階的措置にこだわる北朝鮮の主張を踏まえ、核兵器や核物質の大部分をまず北朝鮮外に搬出し、その後に核関連施設の廃棄などを時間をかけて実施する案を打診した。(中略)ボルトン氏は鄭氏に即答しなかった」と伝えた。

 朝日新聞は、昨年文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足した後、北朝鮮の核問題を含む外交・安全保障関連の報道で既に2度にわたり大統領府から遺憾表明を受けていた。

 今年2月には「南北の政府当局者が昨年11月以降年末までの間に平壌で2度にわたり、北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加問題を協議した」という趣旨の報道を行ったが、大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が「爪の先ほどの真実も含まれていない」と反論した。同紙はこのとき、1カ月間の出入り禁止措置も受けている。

 昨年6月には、「トーマス・シャノン国務次官が高高度防衛ミサイル(THAAD)の年内配備を韓国政府に要求した」という趣旨の報道を行い、尹永燦首席が「事実と異なる誤報を相次いで掲載する同紙に遺憾を表する」とコメントした。
(引用ここまで)

 ここ2週間ほど、米朝首脳会談、北朝鮮核問題についての朝日新聞のスクープ具合というのはすごいものがありまして。
 そのためだけに朝日新聞とってもいいかなというレベル。実際には仕事場から徒歩2〜3分のところに図書館があるので、そこで読んでるのですが。
 何度か書いているように朝日新聞のソウル支局長である牧野愛博氏のコネクションであると思われるのですが。
 つい先日も「核技術者の国外退去までアメリカは求めている」という報道があって、朝日のスクープでしたね。
 記事中にある、米国務次官が去年6月のTHAADの年内フル配備を求めたという記事についてはこちら→アメリカ「韓国のTHAADをフル配備で年内に稼働させるべき」→韓国大統領府「そんな発言は一切なかった!! 朝日新聞の誤報だ!」

 牧野愛博氏は大統領府か統一部のかなり深いところに協力者がいるんじゃないかという感じです。
 まあ、こういうやりかたこそが本来、「第四の権力」といわれるマスコミのやるべき取材・仕事だと思います。
 言ってみれば韓国大統領府から出禁を食らうのは勲章みたいなものですよ。

 基本的に韓国政府はマスコミをコントロールするという方向性にあります。加藤達也産経新聞ソウル支局長(当時)を名誉毀損で訴えた件で日本でも広く知られるようになりましたが。
 あれは韓国マスコミに対しての「セウォル国の空白の7時間をこれ以上追求するな」という脅迫でした。
 そういう指向性を持つ政府からの出禁ですから、むしろ誇るべきでしょう。
 というか大統領府に取材ができないからといって取材力が低下するわけでもないでしょうしね、この場合。韓国政府も犯人捜しに躍起になっているとは思いますが。

北朝鮮核危機 全内幕 (朝日新書)
牧野 愛博
朝日新聞出版
2018/2/13