サイレン鳴ってもお構いなし、消防車に道を譲らない韓国人(朝鮮日報)
「車はよけてくれるが、人がよけてくれない」。16日午後2時48分、ソウル市鍾路区内の横断歩道の手前で、サイレンを鳴らして走っていた消防車14台が一斉に停止した。登山服姿の中年男性2人が消防車を見ながらも全く気にせず道を渡っていた。大きな荷物を抱えた高齢の女性もその後に続いて渡った。先頭の消防車は拡声器で「出動中です。横断歩道を渡らずに、道をあけてください」と繰り返し要請した。消防車が見えた場合、信号が青であっても止まって待たなければならない。鍾路消防署のホン・ジンソク状況室長は「横断歩道のたびに20−30秒ずつ遅れれば、(火災鎮圧の)『ゴールデンタイム』に絶対に間に合わない」と話した。

 この日の午後は、韓国各地の混雑した道路349か所で、消防車に道を譲る訓練が行われ、韓国全土の215の消防署が全て参加した。この訓練は、火災鎮圧の『ゴールデンタイム』とされる6−7分以内に消防車が現場に到着できるよう、消防車に道を譲る必要性を歩行者とドライバーに認識してもらうために行われた。 (中略)

 消防車は徐々にのろのろ運転になっていった。片側2車線の道路では、片方の車線は道路沿いの店に荷物を降ろす車両やオートバイに占領されていた。ある男性は、消防車が来るのに気づいても、道路に立ってトラックから荷物を降ろしていた。
(引用ここまで)

 緊急車両が来ても道を譲らないのは韓国人として当然の所業ともいえますね。
 救急車がサイレンを鳴らしていても道を譲らない。その理由として3人にひとりが「本当に危険な状況なのかどうか分からないから」と言っている国です。
 実際のところタレントが移動する際にタクシー代わりに使っていたりするので、その懸念は真っ当なものであったりするのです。

 韓国では原則としてウリ以外には思いやりとか配慮というものは為されません。
 運命共同体であるウリ以外には施しや情報共有をしてはならないという中で社会構造が構築されてきたので仕方がないのですけどね。

 この記事の場合も同様で。
 消防車がサイレンを鳴らしていたところで、それが実際に緊急事態かどうかは分からない。分からない以上は道を譲る必要がない。それが韓国というものですから。
 緊急時にどうなるかとか想像して「ここに駐車するのはやめておこう」とはならない。
 その結果、スポーツセンターで火事が起きた際に消防車が入ることができずに延焼しても、4日後には同じ場所が違法駐車で元の木阿弥

 というか、そもそも論として「消防車が通行するために、道を譲る訓練」が実施されている時点で頭を抱えるしかないのですけどね。
 ま、善し悪しは別にしてそれが韓国社会というものなのですよ。
 これがスクールゾーンの停止線で止まらない、つまり弱者相手でも同じなのですから、ある意味平等であり、徹底しているというべきかもしれません。

ニッポンの働く車キット2 消防車両2 10個入 食玩・ガム
エフトイズコンフェクト(F-toys Confect)
2018/5/30