釜山強制徴用労働者像、強制撤去の危機(中央日報)
積弊清算・社会大改革釜山運動本部の強制徴用労働者像建立特別委員会は21日午前、釜山東区庁前で記者会見を開き、「東区庁から23日までに労働者像を自主的に撤去するよう戒告状を受けた」とし「我々は自主的撤去を公式に拒否する」と明らかにした。

建立特別委は「労働者像は暴力の鎮圧で日本領事館も行けず立ち止まり、少女像は破損したまま放置されている」とし「労働者像を奪取して任意の位置に強制設置しようと試みるなら、死を覚悟した決断の覚悟で闘争する」と警告した。

東区庁は今月8日、建立特別委側に23日までに強制徴用労働者像を自主的に撤去するよう戒告状を送った。市民団体側で自主撤去をしない場合、区は強制撤去に乗り出す方針だ。
(引用ここまで)

 釜山の日本総領事館近くの歩道に放置されている徴用工像について、自治体である東区は23日までの自主撤去を求めていたのですね。
 自主的に撤去せよ、さもなくば強制執行で自治体側の手で撤去するとまで宣告しています。
 ただし、「世界最悪の労働組合」ともされる民主労総の息がかかった市民団体は「自主撤去を拒否する」と宣言。
 この記事にはありませんが、さらに市民団体側は強制執行が予告されている23日午後7時から徴用工像近くでの1000人規模のデモも行う予定であるとアナウンスしています。

歩道の中央に置かれた強制徴用労働者像をはさんで再び衝突も(聯合ニュース・朝鮮語)

 先日も書きましたが、外国公館から100メートル以内の場所でのデモ行為は違法です。
 というわけで取締の対象になるわけですが。
 ちなみに日本大使館前の水曜集会は「デモではなく、記者会見をやっている」という建前なのだそうです。

 現状の徴用工像については、慰安婦像と違って国民的なコンセンサスが取れてるとは言いがたい状況。なので、あまり味方がついてくれていないというところですかね。
 それが自治体、政府にも理解できているので強気に進めていこうとしているということなのでしょうね。
 釜山日本総領事館横の慰安婦像にはムン・ジェインもお参りしているほどなので、撤去は無理でしょう。
 慰安婦像の撤去ができるくらいだったら政治家として怖ろしいといえるのですけどね。
 ある意味、日韓関係の守り神的な位置にあるといえるかもしれません(笑)。

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説 1 (MFC)
草野 ほうき
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018/2/22