日本記者の「少女像移転」質問に韓国与党代表「少女像は陰険な物でない」(中央日報)
韓国与党・共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表が日本人記者の少女像移転要請の質問に「少女像は陰険な物でない」と述べた。秋代表は29日、ソウルプレスセンターで海外記者懇談会を開いた。

秋代表はこの日、「大韓民国は法治主義国家だ。国際法に基づいて日本大使館前の少女像を片付けることができるのか」という産経新聞の記者の質問に対し、「少女像は全世界に、国を失った国家の少女を性的奴隷にした日本を平和的な方法で告発するもの」と答えた。

続いて「国際法を守るかどうかではなく、日本軍慰安婦被害者問題は韓日間で解決すべき歴史」とし「日本が過去に犯したことについて心から懺悔し、反省し、被害者に謝罪すれば、これほどまで両国間の問題に発展させなくてもよい」と指摘した。

秋代表は「日本軍慰安婦被害者は数人も残っていない」とし「このような質問を受けるということ自体が慰安婦被害者に申し訳ない」と伝えた。
(引用ここまで)

 与党である共に民主党のチュ・ミエ代表が「国際法を守るかどうかではなく、日本軍慰安婦被害者問題は韓日間で解決すべき歴史」とか言い出しました。
 日本に対しては国際法を守らなくてもいいという話をしているのですが、

 以前からチュ・ミエ代表は政府ではなく与党代表としてムン・ジェインの言えないことをフォローするかのように発言してきました。
 慰安婦合意に対しても「無効であって再交渉すべき」とか「被害者が納得できる新たな合意を」みたいな発言を繰り返しています。
 本来はムン・ジェイン政権としてこうしたいのだけども、それができないのでこちらに言わせている……というような感じを受けています。
 その他の発言を見てみましょうか。

 ・THAADがあるからこその戦争突入もありえる
 ・THAADミサイルの実用性は誇張されている
 ・パン・ギムンは大統領選に出馬するな

 うーん、この……。

 記事の話に戻しますと、与党代表がこんな認識であれば文化的・人的交流が活発化するわけがない、ということで終了なのですよね。
 なにしろ、日本人に対しては国際法が適用されないって言っているのですから。

国際法(第3版)
中谷和弘 / 植木俊哉 / 河野真理子 / 森田章夫 / 山本良
有斐閣
2016/3/18