渋谷NHK関連社員切りつけ 容疑で韓国籍の男を逮捕 「無責任な報道をするメディアへのメッセージだ」(産経新聞)
東京都渋谷区のNHK放送センター近くの路上で今月18日、男性が刃物で切りつけられて首を負傷した事件で、警視庁捜査1課は30日、事件に関与した疑いが強まったとして、殺人未遂容疑で、韓国籍の住所・職業不詳、李宰弦(リ・ジェヒョン)容疑者(46)を逮捕した。調べに対し、黙秘している。(中略)

 李容疑者は19日に「自分がやった」と渋谷署に出頭。当初、「無責任な報道をする日本のメディアへのメッセージだ」などと話していたという。警視庁が同日、不法滞在したとして入管難民法違反容疑で逮捕し、捜査していた。
(引用ここまで)

 この事件、被害がひとりだけで比較的軽傷だったからそれほどの報道をされていませんが。
 ヘイトに基づくテロ行為ですからね?

 靖国爆破未遂事件のチョン・チャンハンが出てきた時に、楽韓さんはこんな風な話を書いています。
  • チョン・チャンハンは韓国では人間扱いされない高校中退者。
  • その構造をひっくり返すために「抗日テロ」を行った。
  • 韓国では爆弾魔や暗殺犯が「抗日の義挙」を行った者として、歴史上の英雄扱い。
  • そのため、これからも続く可能性が充分にある。
 慰安婦合意に反対して日本大使館に乱入した学生は、懲役1年6ヶ月が求刑された時に「私の行動の正当性を考慮しろ」と言い放つ
 「抗日義士」とやらは潜水艦の命名に使用される
 そんな反日の構造が変わらず、さらにムン・ジェイン政権になって経済的にはまったく希望が見えなくなったいま、こういった事件は増えるでしょうね。
 増えざるを得ないのです。
 つい最近にも「日本は韓国の不況を恐れるべきだ」と書いています。

 今回の犯人も不法在留をしている韓国人。先に書いておきますが、まず間違いなく食い詰め者でしょう。
 46歳。まさにサオジョンの年齢です。
 楽韓さんの危惧は残念なことに現実になってしまったというわけです。

フランスでテロ続発の理由も同じなんだよなぁ……。
グローバル・ジハードのパラダイム: パリを襲ったテロの起源
ジル ケペル / アントワーヌ ジャルダン
新評論
2017/8/31