正恩氏の涙、異例の映像が示すもの 核廃棄へ転換の裏で(朝日新聞)
 海辺で、男性が水平線を遠く望んで立っている。

 ほおを涙がつたう。

 そこに、こんな趣旨のナレーションが流れる。

 ――強盛国家を実現するため努力してきたのに、改革がうまくいかないもどかしさから、涙を流しておられる――

 この映像に登場している男性は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長だ。北朝鮮が末端の党幹部を教育するために作った正恩氏の記録映像の一部だとされる。脱北した元党幹部が、北朝鮮国内の人物から聞いた。
(引用ここまで)

 これが以前に書いた「どう扱おうか困っている記事」なのですね。
 正確に言うと掲載された30日から1週間ほど延々と扱いに困っています。
 普段は買わない朝日新聞ですが、さすがにこれは買って読まなければということでコンビニ売りを購入しています。
 1面トップ。さらに2面にも続く大型の記事。

F80C9A83-130F-4E22-96F1-1FEE07D68E63

 いつもの朝日新聞ソウル支局長である牧野愛博氏によるスクープ。
 政策転換をしたとしても従えというメッセージではないかとのこと。
 同じ記事の中で4月頭頃のポンペイオCIA長官(当時)による極秘訪朝においてキム・ジョンウンとの会談で「完全な核廃絶」を言ってきたというスクープにも言及してますね。

金正恩氏「完全な非核化」を伝達 ポンペオCIA長官に(朝日新聞)

 こちらも牧野氏の記事。
 まあ、これはその後の北朝鮮による脅迫→トランプ大統領による会談中止宣言でどうなったのかは不明ですが。

 これらを統合を見ると完全非核化も考えられるのかもしれない、という感じです。
 んで、さらに昨日あたりにこんな記事が飛びこんできました。

北朝鮮、軍トップ3人を一斉交代 正恩氏に忠実な若い世代起用(CNN)

 北朝鮮の非核化に際してもっとも障害になるであろう軍トップを一気に3人交代させる。
 方向性としては「完全な非核化」という言葉に向かっているようには見えます。

 ただまあ……いくらやる気を見せても実際にやるかどうかは不明。
 プンゲリの核実験場廃棄をマスコミ関係者だけに見せて専門家に対して公開しなかったというようなところを鑑みるのであれば、以前のように騙す気であるようにも見えますしね。
 6月12日だけですべての合意するわけではない、というのも手ではあるとは思いますが。

 ま、とりあえずは来週の会談結果を待つしかないというのは実際です。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)
牧野愛博
講談社
2017/2/20