【社説】文大統領のシンガポール入り巡る韓米間の不協和音(朝鮮日報)
 5日に米国務省で会見が行われた際、ある記者が「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が(米朝首脳会談が開催される)シンガポールに行き、トランプ大統領、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と3カ国首脳会議をしたいと言っているそうだが、本当にそうか」と質問したところ、ナウアート報道官は「私の知る限りでは話題になっていない」「韓国政府に確認してほしい」と回答した。米国の政府関係者が「韓国政府に聞け」という趣旨の言葉を使うとき、これは米国政府として韓国の動きを苦々しく思っていることの表れだ。

 文大統領は韓国、北朝鮮、米国の首脳が一つの場所で顔を合わせ、6・25戦争(朝鮮戦争)の終戦宣言を行うことに強い意欲を示し、実際に強く推進してきた。文大統領は4月に行われた南北首脳会談直後のトランプ大統領との電話会談で、米朝首脳会談の会場として板門店を強く推薦した。板門店で米朝首脳会談が開催され、直後に南北米首脳会議を開くことで、3人の首脳によって終戦宣言が行われることを期待していたのだ。 (中略)

 文大統領は6月12日に予定されている韓国の統一地方選挙では期日前投票まで計画し、トランプ大統領が自らをシンガポールに招待することを心待ちにしている。米朝首脳会談を前に韓国大統領府の関係者もシンガポールに滞在しているが、これも文大統領のシンガポール行きに備えて準備をするためだ。韓国政府のこのような動きが誰の目にもあからさまになったため、米国務省の会見でも話題になったのだろう。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが嬉々としてシンガポールに行こうとしていることについて、アメリカ政府は「関知していない」「韓国政府に聞け」と返答。
 少なくとも好ましく思っていないことは確かだな、と感じ取れる返答ですね。

 この記事は引用部分以降に「トランプは功績を分け合うことを嫌うからムン・ジェインが加わることを好まないのだ」という話になっているのですが。
 まあ、違いますわな。
 トランプ大統領がそういう指向性を持っている、持っていないに関わらず、米朝会談においてムン・ジェインが邪魔だからでしょ。
 北朝鮮との会談を中止すると宣言した時にトランプが自ら「北朝鮮は会談をしたがっていると伝え聞いていた(が、そうではなかった)」と声明文に書いていたくらいで。
 伝え聞いていた先はどこかといったら確実に韓国しかない。
 親書すら持ってこない特使による伝聞での外交なんてやっちゃらんないって話ですよね。

 どう考えてもムン・ジェインがいっちょ噛みすることで事態を複雑化させることを嫌っている。
 もっと直接的にいうのであれば、ムン・ジェインが北朝鮮側について「誠意を見せている」だのなんだの言ってくることを嫌っているのです。
 ホワイトハウスにいるとされているムン・ジェインファンクラブはがんばってこの構造をひっくり返すよう努力すべきではないでしょうか。

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法
石井 琢磨
すばる舎
2013/7/31