「文大統領、シンガポール訪問しない」 韓国大統領府(聯合ニュース)
 韓国の青瓦台(大統領府)高官は10日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領による朝米(米朝)首脳会談に合わせ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がシンガポールを訪問する可能性について「ないだろう」と答えた。朝米首脳より遅れて現地入り可能性についても「そういうことはない」と述べた。

 韓国政府は当初、朝米首脳会談の直後に文大統領がシンガポールを訪れ、朝米と朝鮮戦争終戦を宣言することを念頭に置いていた。しかし、朝米間の議題調整などが遅れ、南北と米国間の会談を準備する時間がなくなったことが影響したとみられる。
(引用ここまで)

 くっ、日和りやがった。
 アメリカ政府からにべもない対応をされていた時点で苦しいかなとは思っていたのですよ。
 それでもムン・ジェインの厚顔無恥さであればあるいは……と思っていたのですが。
 一応、高官クラスがシンガポールには行くとのことですが、ムン・ジェイン本人が行くインパクトに比べたら存在感はゼロも同然。

 逆説的にですが、シンガポールでの米朝首脳会談は米韓朝の首脳3人が手に手を取って共同宣言を述べるような結果にはならないという可能性が高いのではないかとも思われますね。
 ムン・ジェインは特使外交を各国に対して繰り広げて、米朝首脳会談を主導したのは自分だという自負があるはずです。
 最終的なハッピーエンドの場にいて、自分の存在感を高めるために行くのであって敗残の将として言い訳をしに行くつもりではないはず。
 「栄光の場」でなければいる必要はないということなのでしょう。

 米韓首脳会談の直後というタイミングでトランプ大統領から「米朝首脳会談は中止だ」と発表されたことや、実質的な会談時間は10分ていどであったことから見ても、少なくともこの件について韓国は相手にされていない。
 アメリカから疎まれていて、なにを言われるか分からないという不確定要素も大きかったということもあるのかなとは思います。