米朝首脳会談:トランプ大統領、CVID進展前に韓米合同演習中止方針(朝鮮日報)
<米朝首脳会談>70年の敵対を乗り越えた日に韓国は「トランプショック」(中央日報)
さらに、トランプ大統領は韓米合同軍事演習について「あの金のかかる『戦争ゲーム』は中止するだろう」と述べた。これにより、米国は非核化の具体的・可視的進展がない状態で、北朝鮮が要求してきた「合同演習中止」という保障だけを与えたとの批判が出るものと見られる。 (中略)

 また、トランプ大統領は韓米合同軍事演習を中止する方針を明らかにし、「飛行機が6時間かけてグアムから韓国まで飛ぶのに本当に費用がたくさんかかる。韓国も協力しているが、100%(費用を負担)しているわけではない。交渉をする状況において、軍事演習をするのは不適切かつ挑発的(provocative)」と述べた。在韓米軍問題に関しても、トランプ大統領は「いつか彼ら(在韓米軍兵士)が(米国に)戻ることを望んでいるが、今は議論の対象ではない。今後の交渉を見てみなければ」と言った。米朝交渉の結果によっては今後、在韓米軍の撤退問題が検討される可能性があることを示唆したものだ。
(引用ここまで)
トランプ大統領は特に金正恩委員長との首脳会談後の記者会見で韓米連合訓練を中断するという爆弾発言をした。トランプ大統領は強固な同盟の象徴である連合訓練に北朝鮮の非難論理「戦争演習(war games)」 「挑発的」という表現を使用し、「非常に費用が高い訓練」と述べた。韓米同盟の核心である在韓米軍については「(撤収問題は)現在、米朝間の議論に含まれていないが、ある時点にそうなることを望む」と述べた。韓米同盟の根幹を揺るがす発言が北朝鮮の指導者に会った米大統領から出てきただけに、韓国の安保地形は大きな衝撃が避けられない見通しだ。
(引用ここまで)

 今回の米朝首脳会談は米朝間ではなんら実のある話はなかったのですが、流れ弾が韓国に向かっているという不思議。
 共同声明において形のある成果は「朝鮮戦争で亡くなった兵士の遺骨返還」くらいだったものが、その後の記者会見だけで一気に「米韓合同軍事演習の中止」と「将来の在韓米軍撤退」まで語られるようになったっていう。
 撤退に関しては「倫理的にそうなるべきだろう」とかそういう話ですらなく、「在韓米軍をアメリカに戻したい」という大統領自らそう希望していると言い切っちゃっているっていう。
 泡を食っているのが韓国の保守派ですね。
 見事なくらいの後頭部の殴られ具合。

 遠い将来として在韓米軍撤退はあってもおかしくない出来事だったのですが、いきなり「演習は終了、将来的には撤収な」と大統領本人の口から語られるようになってしまったという。
 ムン・ジェイン政権としてはもちろん、1も2もなく賛成する事柄なのでしょうが。
 常に在韓米軍撤退を唱えてきた大統領補佐官のムン・ジョンインも喜んでいることでしょうよ。

 韓国におけるアメリカのプレゼンスを一気に希薄化させようとかかっているのが、戦時統帥権返還からの撤退を狙っていたムン・ジェイン政権ではなくアメリカそのものであるという構図はかなり斬新で面白いですね。