【コラム】自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国(朝鮮日報)
 日本が米朝対話の過程で、前提条件として非核化と共に根気強く強調してきた問題が北朝鮮による「日本人拉致問題」だ。日本が拉致問題解決を主張するたびに、韓国メディアは否定的な反応を示す。非核化の対話から疎外された日本が、悪あがきして韓国と米国の足を引っ張っているというわけだ。

 日本政府が主張する日本人拉致被害者は17人。北朝鮮はこのうち13人について拉致の事実を認めた。生存者5人を日本に帰国させ、謝罪もした。しかし日本政府は北朝鮮を信じていない。残る12人についてだ。北朝鮮が「死亡した」と主張する8人と北朝鮮が拉致を認めていない4人の帰国を、日本は北朝鮮核問題解決の前提条件としている。北朝鮮の核は東京を攻撃する恐れもある。東京が攻撃されれば数百万人の命が奪われる。日本国民の北朝鮮の核に対する恐怖は、韓国に勝るとも劣らない。それでも日本は12人のことを諦めていない。

 韓国を基準に考えると、日本の対応は過剰なように思える。6.25戦争(朝鮮戦争)当時、北朝鮮に拉致された韓国人は、名簿で確認されただけでも9万6013人に上る。ソウルに住んでいた男性の3%が北朝鮮に連れていかれた。その中には法曹関係者、技術者、公務員らが多数含まれていた。北朝鮮から帰国していない韓国軍捕虜も、少なくとも2万人はいると推定される。休戦後に北朝鮮に拉致されたまま戻っていない韓国国民も500人以上いる。世界史に残る民間人拉致犯罪だ。それにもかかわらず、韓国は拉致被害者の生存確認や生存者の送還を北朝鮮に求めていない。日本の度量が狭いのか、韓国が非情なのか。 (中略)

こうした努力が政府レベルで現在まで続いていれば、先日の板門店での南北首脳会談で、韓国人拉致被害者の送還問題が議題に上ったはずだ。ところが、その日の会談で触れられたのは韓国人拉致被害者ではなく、日本人の拉致問題だった。理由は単純だ。日本が問題を主張する一方で、韓国は沈黙していたからだ。 (中略)

 10万人の韓国人拉致被害者とその家族、3万人の脱北者は、政権の変化や時代の変化に伴って、たびたび豊かさや平和のための犠牲になってきた。首脳会談に先立ち米国は北朝鮮に拘束されていた米国人を連れ戻した。首脳会談の合意文にも、68年前の戦争捕虜の送還と行方不明者の遺骨発掘という文言を盛り込んだ。日本は国交正常化の条件として、北朝鮮の核・ミサイル問題と共に、北朝鮮による日本人拉致問題の解決を絶えず訴えている。ところが、いったい何の弱みを握られているのか、韓国の状況は正反対だ。北朝鮮から、脱北した女性従業員の送還を求められている。韓国政府はこの状況を異常だとすら考えていない。 (中略)

現政府が大韓民国の政府なら、以前と同様に離散家族再会の際に韓国人拉致被害者を何人か含める形を取るようにして、韓国人拉致問題を終わらせないでほしい。拉致された人々も、苦難の人生の中で国と政府の価値を感じるチャンスを一度ぐらい与えられるべきだ。
(引用ここまで)

 朝鮮日報の社会部部長で、元東京特派員のソンウ・ジョン氏のコラム。
 記事にあるとおりに朝鮮戦争で、その後のどさくさで北朝鮮へと拉致された韓国人は少なくありません。
 10万人では利かないというか、実際の人数は分からないとしかいいようがない人数が拉致されています。
 南進トンネルは北朝鮮からの侵攻というよりはこういった拉致や工作活動のために作られたのではないか……とも感じられます。

 南進トンネルで思い出しましたが、マンガの「加治隆介の議」の3巻だったか4巻だったかで国会議員として韓国を訪れた主人公が北朝鮮に拉致されるという描写がありましたね。
 当時まだ拉致被害者家族会も存在していない時代、「北朝鮮」と書くと総連から「朝鮮民主主義人民共和国と書け!」とクレームがつくような時代によくまあアレを描けたものだと感心したものです。

 閑話休題。
 現代の日本人にとっては北朝鮮は拉致事件の加害者でしかない。
 ここはほぼすべての日本人の意識として一致している部分でしょう。その対策等には思惑の違いはあると思いますが。
 ある意味、抱えているものが単純なのですね。

 それに比べると韓国人が北朝鮮に対して抱いている感情は複雑なものでしょう。
 もっとも単純化した見方であっても「敵であり、かつ同胞である」というわけですから。
 実際にはもっと複雑な感情を抱いているのではないでしょうかね。
 そういう意味において、韓国において韓国人拉致の価値が薄まるのは致し方がない部分があります。

 ま、拉致被害者家族にとってはそんな事情はどうでもいいことなのでしょうけども。

メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道
阿部雅美
産経新聞出版
2018/5/28