<W杯>最も関心が低い対戦カードは「韓国−スウェーデン戦」=米ヤフースポーツ(中央日報)
「韓国−スウェーデン戦を見るくらいなら寝る」。

米ヤフースポーツが2018ロシアワールドカップ(W杯)の韓国−スウェーデン戦を最も関心が低い試合に選んだ。ヤフースポーツは13日、ロシアW杯グループリーグ48試合の関心度を順位とつけた。

ヤフースポーツは18日に行われる韓国−スウェーデン戦を48位に選び、「特徴のない試合。(米国時間で)午前8時に行われるが、私ならこの試合を見るよりも睡眠をとる」と酷評した。

一方、16日に行われるB組のポルトガル−スペイン戦は必ず見るべき試合に選んだ。韓国と同じ組のドイツ−メキシコ戦も見逃せない試合に挙げた。一方、韓国−メキシコ戦は36位、韓国−ドイツ戦は39位だった。

スウェーデン出身の世界的なサッカー選手ズラタン・イブラヒモビッチ(36、LAギャラクシー)も韓国サッカーを低く評価した。ブックメーカーのベットハード(www.bethard.com)は13日、ホームページでイブラヒモビッチが予測したロシアW杯グループリーグA−H組の結果を公開した。 (中略)

イブラヒモビッチは韓国がスウェーデンに0−3、メキシコに0−1、ドイツに0−4で敗れると予想した。一方、イブラヒモビッチはH組で日本が2勝1分けの組2位で16強入りすると見込んだ。
(引用ここまで)

 イブラヒモビッチという偉大なプレイヤーが抜けたスウェーデンと、それでなくても温いアジア予選をほうほうの体でぎりぎり抜けた韓国。
 まあ、寝たほうがマシというアメリカ人の気分は分からないでもないですかね。

 事前に「盛り上がらないなぁ」と言ってましたが、なんだかんだでロシア戦は見てしまいました。
 サウジ虐殺の日として記録されるのでしょう。ホント、アジアが4.5枚も持っててすまなんだ。
 しかも次回からはほとんどフリーパスでワールドカップ自体には進めてしまう状況になるんだよなぁ……。
 ちなみに当該のヤフースポーツの記事はこちら。

Ranking the 2018 World Cup's group stage games by watchability, from 1-48(YAHOO! SPORTS)

 下位の試合にもちまちまとコメントがあって「そうだよねー」くらいに納得できるものなので見ておいてもよいかと。
 日本絡みはコロンビア戦37位、セネガル戦43位、ポーランド戦44位。
 まあ、順当ではないかと感じます。

 イブラヒモビッチは日本を推してくれているようですが。
 まあ、本田がスタメンで入ったら無理だろうなぁ。香川−乾のラインで行くならわずかな光明があるかも。

footballista 2018 RUSSIA WORLD CUP GUIDEBOOK (月刊footballista)
footballista
ソル・メディア
2018/5/28