W杯:「負けた選手への配慮不足」 文氏夫妻の更衣室訪問が物議(朝鮮日報)
 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で24日、F組第2戦の韓国とメキシコの試合が終了した直後、韓国代表のロッカールームにスーツ姿の一行が押し寄せた。試合を観戦した文在寅(ムン・ジェイン)大統領と夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏、そして随行員たちだった。このとき韓国はメキシコに1−2で破れ、1次リーグ2連敗となって決勝トーナメント(決勝T)進出が極めて困難になっていたため、ロッカールームの雰囲気は沈鬱だった。

 文大統領が入ってくると、申台竜(シン・テヨン)監督を筆頭にコーチ陣、選手団が一列に並んだ。「よく頑張った」。金正淑氏が、この日2回の決定的ミスを犯したDF張賢秀(チャン・ヒョンス、26)=FC東京=の肩をたたいた。軍隊チームの尚武に所属する金民友(キム・ミヌ、28)は「一等兵、金民友!」と敬礼した。着替え中だった主将の奇誠庸(キ・ソンヨン、29)=スウォンジー=はシャツを着ることもできないまま文大統領と握手した。

 その後、文大統領は選手たちを立たせたまま「皆とても悔しいと思うが、ベストを尽くした。それでいい。最後の瞬間まで諦めない姿を見せてくれた。皆で声を合わせよう。ファイティング!」と演説した。

 終了間際に1点を決めた孫興民(ソン・フンミン、25)=トッテナム=は列の中に加われなかった。シャツを脱いだままロッカールームの片隅で泣いていた。すると文大統領が「孫興民はどこへ行った?」と探し始めた。

 文大統領は孫興民の手をつかんでカメラの前に連れていき、右手を挙げる「ファイティング」のポーズを取らせた。それでも孫興民は泣き続けた。文大統領は、凍り付いた表情の車範根(チャ・ボムグン)元韓国代表監督に「先輩なのだから励ましの言葉をかけてあげないと」と言って笑った。

 韓国大統領府(青瓦台)は4分間にわたる「激励訪問」の様子を写真にまとめて公式フェイスブックに掲載した。写真には「海外で行われているW杯の韓国代表の試合を大統領が直接観戦し、現場で選手団を激励したのは今回が初めて」とコメントを付けた。政府が運営するKTV国民放送でも紹介した。孫興民の「ロッカールームの涙」はこうして一般に公開された。
(引用ここまで)

 とりあえず、どんな感じでロッカールームにやってきたのかは映像があるのでごらんください。


 記事中の「ファイティンしよう」という部分は2分50秒後くらいから。
 「ソン・フンミンはどこだ?」っていうのは3分過ぎくらい。
 それ以前に「大統領をお迎えする列」に並んでいなかったソン・フンミンを個別に訪れているというシーンが1分15秒くらいから。

 まー、難しいとは思いますけどね。
 わざわざロシアまで観戦に行ってロッカールームを訪問しなけりゃそれもそれでなんか言われるだろうし。
 ただ、責任を果たせなくて、泣き崩れてるエースストライカーをそっとしておいてやれよ……とは思いますね。
 ましてやこうして「大統領様がロッカールームを訪問した」っていう宣伝のために、号泣している男をさらし者にしているように感じられてしまうのはどうなのって気がします。
 少なくともソン・フンミンに無理矢理「ファイティン!」ってやらせるのは蛇足だったかな。

 「韓国の大統領」は皇帝にも似た権威があるとされていますから、その来訪を断るのなんて無理。
 本人や周囲は「気さくな大統領」を演出しているつもりになっているのだろうなとは感じます。
 本気の勝負で負けた人間は放っておいてほしいものなのですが、韓国では趣味のスポーツをあまりやらないこともあってそういうことを理解できる人間も少ないのかもしれませんね。

 なんというか、いろいろと苦いものを感じる動画ではあるなぁ……。