<W杯>ベスト16落ちでも拍手受けた韓国、ベスト16行きでもヤジ飛ばされた日本
ベスト16入りを決めたが、観衆から多くのヤジを受けた。8年ぶりにワールドカップ(W杯)決勝トーナメントに進むことになった日本サッカーのことだ。

日本は29日、ロシア・ヴォルゴグラードアリーナで開かれた2018ロシアW杯H組グループリーグ第3戦でポーランドに0−1で敗れた。しかし1勝1分け1敗(勝点4)を記録した日本は同じ時間、コロンビアに0−1で敗れたセネガルと勝点・得失点差・得点数などで並んでいたが、フェアプレイの成績が上回りH組2位でベスト16進出を決めた。2010年南アフリカ大会以来、8年ぶりのベスト16入りだ。日本は今大会出場したアジア5カ国のうち唯一決勝トーナメント行きを手にした。 フェアプレイの成績でかろうじてH組2位になったが、この日のポーランド戦だけを見ると、最低の成績に近い試合を繰り広げた。(中略)

しかし、コロンビアがセネガルにリードしている状況になった後、日本は最大限守備に回って競技を進めた。ボールを回すことにだけ汲々として、攻撃意志も見せなかった。ポーランドも勝点3点に満足しようとするかのように、それ以上の威嚇的な攻撃をしかけることはなかった。このような雰囲気が10分続くと、観衆はヤジを飛ばした。

日本とポーランドは勝敗を決め、決勝トーナメント行きのチームが決まる試だった。しかし、フェアプレイポイントを通じて勝ち進んだチームとはほど遠い姿を見せた日本のリーグ最終戦だった。日本は3日午前3時、G組1位のベルギーと決勝トーナメント1回戦で対戦する。
(引用ここまで)

 監督が西野朗である、というところが大きく作用しました。
 彼はちょっとでもサッカーを見ている人であれば知っているであろう、アトランタオリンピックで日本代表がブラジル代表を倒した「マイアミの奇跡」の際のU-23代表監督でもありました。
 その後、トータルで2勝1敗としたものの得失点差でグループリーグ敗退となります。
 ブラジル代表に勝ったものの、実はチームとしてはすでに崩壊していたという話が金子達人の著作、28年目のハーフタイムにて語られています。興味があればどうぞ。
 強豪に勝ってもグループリーグ敗退では意味がないということを骨身に沁みて理解している、という人物ですね。
 だからリスクを背負ってグループリーグを突破できる可能性が高い方向性に賭けて、負けたけども勝利した。

 その一方で「韓国がドイツに勝った」のは「現象」としては間違いありませんが、実際にはドイツが負けた相手はスウェーデンなのです。
 スウェーデンが3-0でメキシコに勝ちつつある。このままではグループリーグ敗退であるということから、ドイツは不調である中でも前掛かりにならざるを得なくなった。
 勢いのあったメキシコが勝って引き分けOKという状況ならそのまま守備を固めるという戦術を採ったのでしょうが、グループリーグを突破するためには前に出るしかなくなった。
 そして、リスクを背負って前に出たために韓国に裏を突かれてCKから失点。さらにノイアーが上がるというパワープレイに出るというリスクを背負うことになり、追加点を入れられてグループリーグ敗退したのです。

 負けているチームがボール回しでタイムアップまで時間を消費する。
 世界ランキング1位のドイツに韓国が勝利する。
 どちらも独立した試合であれば起きえない話がグループリーグ最終戦だからこそ起きた、ということですよ。
 C組のフランス−デンマーク戦が凡戦となったのも同じこと。

 ベスト16に進み、昌子、香川、長谷部、原口を休ませることができた。リスクを取った甲斐はあったように思いますね。

とりあえず「コロンビアありがとう」ということでエメラルドマウンテンを注文した。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エメラルドマウンテン(生豆時300g)
価格:1785円(税込、送料別) (2018/6/29時点)