<W杯>徐敬徳教授、日本の戦犯旗応援でFIFAに懲戒要求(朝鮮日報)
韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が25日、ロシアワールドカップ(W杯)の日本−セネガル戦で戦犯旗(旭日旗)を振って応援した日本応援団を懲戒処分にしてほしいという内容のメールを国際サッカー連盟(FIFA)に送った。

徐敬徳教授は28日、インスタグラムで「ドイツ戦の勝利、本当に奇跡のようだったし、本当に幸せだった。韓国の選手たちを誇りに思う」とし「今夜の日本代表の最終戦に先立ち、25日の日本−セネガル戦で登場した戦犯旗応援に対する懲戒処分をFIFA側にメールで強く要請した」と明らかにした。 (中略)

徐教授は「戦犯旗の応援について我々は非難ばかりするのではなく、民間レベルでも持続的に抗議し、FIFAが少しでも動けるようにすることが重要だ」とし「特に今は大韓サッカー協会など政府も強く対処すべきだと考える」と政府の行動を促した。

これに先立ち東京スポーツは26日、「旭日旗狩り 韓国だけで通じる戦犯旗の概念」と題した記事で「韓国だけが戦犯旗だとして言いがかりをつける。戦犯国という言葉は国際通念上存在しない」と伝えた。

徐教授は「日本政府とメディアは戦犯旗応援自体は問題にならないと主張している。このような状況の中、世界的な広報キャンペーンを続けて旭日旗とナチス旗は同じ意味の『戦犯旗』という事実をさらに知らせていく計画だ。真実は必ず勝つ」とコメントした。
(引用ここまで)

 ほう、「旭日旗を使ったことに対して、懲戒をFIFAに要請した」とな。
 で、それに対して日本サッカー協会に懲戒がなければ旭日旗の使用が認められたということでいいんだな?
 韓国サッカー協会でもなければ韓国政府でもない、ただの一個人が訴えたところでなんともなるものでもないのでしょうが。

 これほどまでにソ・ギョンドクが必死なのには理由がありまして。
 ムン・ジェイン政権からイ・ミョンバク政権の一派であると認識されているのですよ。
 大韓国人という財団法人を作り、そこにイ・ミョンバク政権からの天下りを受け入れていた
 つまり、現状の韓国において最悪の国賊といえる『積弊』そのものの存在なのですね。
 積弊を体現する人物とでも言うべきか。

 そういった自分の危うい立場を察しているためか、軍艦島には2017年7月の時点で7回も上陸していたという状況。
 なんとかして『積弊』という立場から除いてほしいというのが本音であり、自己防衛のために「ニホンガー」をより叫び続けているということなのでしょう。
 以前は「プルコギはおいしいよ」というような新聞広告を出していたりもした(そして最悪な広告の典型例として取り上げられた)のですが、そういった活動は鳴りを潜めてしまいました。
 ちょうど韓国の大統領が就任時には「私は日本と未来志向でつきあいたい」と言っておきながら、任期後半になると反日活動を行いはじめて支持率をどうにかしようとする行動に似てますね。