障害者を笑い物、韓国番組に批判殺到(朝鮮日報)
 MBCのバラエティー番組『全知的おせっかい視点』が障害者を笑い物にしたとして批判が相次いでいる。これは、人気俳優シン・ヒョンジュン(49)が7日の放送で、自身の代表作とも言える映画『裸足(はだし)のギボン』(2006年)での障害者の演技を再現したことが問題になっているものだ。この作品は知的障害を持つマラソン選手の実話をもとに作られた。

 この放送で司会者が「ギボン君、あいさつして」と要求すると、シン・ヒョンジュンは目をむいて言葉を詰まらせながら「あ〜こんにちは。シ〜…シン・ヒョンジュンです」と障害者のまねをした。ほかの出演者たちは爆笑、「ヒョンジュンのあふれるギャグへの情熱」というテロップも出た。ところが、視聴者の反応は冷ややかだった。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上には「障害者を見下している」と指摘する声が多数書き込まれた。「実在の人物を笑い物にしたのは軽率だ」「あれだけ大勢いるスタッフの中に、問題になるだろうと思った人が1人もいないというのは話にならない」などの文が掲載された。 (中略)

今年3月にスタートした同番組は、レギュラー放送開始から1カ月で主な出演者の1人、キム・センミンが「Me Too運動」により名指しされ降板、5月にはさつま揚げを食べる場面にセウォル号事故のニュース速報映像を使用して激しい批判を受けた。
(引用ここまで)

 ……ああ、そうやってバカにしている様子が目に見えるようですわ。
 いまだにソウルでは障害者が物乞いをしていることがあります。
 地下鉄の券売機の横に知的障害者を配置して、おつりの小銭を受け取らせるなんてこともやってますね。
 韓国において障害者は小馬鹿にしていい存在なのですよ。
 MBCといえば数少ない地上波のひとつですが、それでこんなことができる。
 実際の地位がどんなものか、推して知るべしですね。

 ちなみに最後の「さつま揚げを食べる場面にセウォル号沈没事故のニュース速報映像を使った」というのは、イルベ民がセウォル号事故の被害者をオムッ(もしくはオムク。韓国のさつま揚げのようなすり身の揚げ物)と呼んでいることからきてます。
 なぜオムクなのかというと犠牲者が魚の餌になったということから。

 日本でいえば2ちゃんねるのノリをそのまま地上波でやってしまったというような感じですか。
 くっだらないな……。