韓国公取委委員長、成果ない文政権の経済政策にいら立ち(朝鮮日報)
 「過去1年は外交・安保問題で高い支持を得てきたが、政権の成否は結局、経済問題だ。国民の暮らしの問題をどのように解決するかにかかっているということだ。今はあまりにもいら立たしい」。市民団体にいたころは「財閥スナイパー」と呼ばれ、今では文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済民主化公約を総括している公正取引委員会の金尚祖(キム・サンジョ)委員長=写真=の口から「切迫」「いら立たしい」「危機」といった言葉が何度も飛び出した。金委員長は「今年下半期から経済環境がいっそう厳しくなる可能性が高い。政府が成果を出す時間的余裕は短くて6カ月、長くても1年しか残っていない」と述べた。

 金委員長とのインタビューは6日、ソウル市内の公正取引調停院で行われた。文在寅政権の経済政策で中心的役割をするブレーンに、この1年間の経済運用に関する評価と、今後の計画について説明を聞こうと企画されたインタビューだった。金委員長は「国民が耐えて待ってくれる時間はあまり残っていない。こうした状況を文大統領もよく分かっており、規制改革点検会議を中止するほど切迫感を抱いている」と言った。文大統領は先月、「国民が実感するほどの成果がない」という理由で規制革新点検会議を中止している。

 金委員長は「文大統領が2年目に入り、規制革新のための政治的決断に頭を痛めている。支持層の批判を受けざるを得ない非常に難しいことだが、規制改革がなければ政府は成功できないということをよく分かっている」と言った。規制革新を推進する過程で、文大統領の支持層である進歩系陣営の反発が避けられないため、これを受け止めて正面突破する方針だという説明が続けられた。この1年間の文在寅政権による経済政策の成果については、「所得主導成長・革新成長・公正経済という3つの軸が別々に動いていた面があり、政府も反省している。今は動きがそろってきたと感じている」と説明した。
(引用ここまで)

 鳴り物入りで入閣(正確にいうのであれば公正取引委員長は大臣格ではなく、国会からの承認も必要ないので入閣ではありませんが)したキム・サンジョでしたがムン・ジェイン政権の経済政策に対する無策具合に苛立ちを隠せずにいます。
 ムン・ジェインが入閣させない人間の条件として挙げていたいわゆる5大不正「偽装転入、兵役逃れ、不動産投機、脱税、論文盗作」のうち偽装転入に引っかかっていたのですが、それでも公正取引委員長は彼しかいないという形で登用された人物です。

 なにしろ「財閥スナイパー」の二つ名を持ち、イ・ジェヨンサムスン電子副会長の裁判でも証言をしにきたくらいの人物。当初は「財閥に牛耳られてきた韓国経済を規制緩和で正常化させてくれる」みたいな期待があったのですが。
 まー、ムン・ジェイン政権がなにもしない。
 しないというかできないというか。
 現在の韓国で財閥の手から経済を取り戻すということは、経済そのものをぶっ壊すことに他なりません。

 たとえばIMF管理下に置かれたあととかであればまだ発展途上国の勢いがキープされていた状況の中だったので、なんとかなったかもしれませんが。経済成長率もまだそこそこ高い状況でしたし。
 いまの韓国は先進国でもないのに先進国病にかかってるような状況。
 世界最高(最悪?)の少子高齢化社会となっていて、成長率も半導体のスーパーサイクルという上げ底があったのにぎりぎり3%。

 手を突っこんで引っかき回すには遅すぎた、ってところでしょうか。
 まあ、それでも今朝の韓国GMの件のように引っかき回せる部分は引っかき回して、明らかに悪化させていますけどね。
 経済構造そのものはほぼ手つかず。
 個人的には全部を引っかき回すほうを期待していたのですけどね。
 サムスン電子の工場で労働者に被害があったからという理由で、工場で使われている技法を企業機密もなんもかも含めてすべて公開しようとするとか、やりかけてはいるのですが(ちなみにこれはサムスンディスプレーでも同じことをやろうとしてどちらも公開停止の仮処分申請が通っています)。
 もっとハチャメチャな動きを期待していたのだけどなー。