韓国慰安婦支援団体「挺対協」、「正義記憶連帯」に改名し新たな出発(中央日報)
日本軍慰安婦問題関連市民団体で元慰安婦を支援してきた「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)が「正義記憶連帯」という名前で新たに出発する。

挺対協は16日、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」と組織を統合して運営することにし、新しい名前を「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)に決めたと明らかにした。

正義連は「戦争と女性人権研究所」を新設し、慰安婦真相調査事業をさらに体系化する予定だ。正義連は「挺対協が28年間続けてきた運動の成果を継承して事業を拡大し、戦時性暴行再発防止事業を補完・強化していくだろう」と明らかにした。

挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表が新任理事長に選出された。尹理事長は「正義連は日本軍性奴隷制被害者のための正義を実現し、彼女たちの人生に真の解放が訪ねてくるよう努力するだろう」と明らかにした。
(引用ここまで)

 慰安婦関連団体としてはほぼ唯一無二の存在となっている韓国挺身隊問題対策協議会 - 挺対協が団体名称を変更するとのこと。その名も「正義記憶連帯」で正義連だそうです。
 なるほど、先回りしてきましたね。
 なにに先回りか、ということですが。

 現在、公式サイトの表示によるとナヌムの家に住んでいる「元慰安婦」は8名となっています。現在、生存している元慰安婦は27名ということなので、それ以外の「元慰安婦」が19名。
 それほどの時間も必要とせずに全員が亡くなるでしょう。まあ、あと数年かな。
 その際、必然的に慰安婦関連の圧力団体としての挺対協の存在意義も低下することは間違いないでしょう。

 そこで慰安婦関連団体としての挺対協から正義連に名称を変更し、さらに「戦争と女性人権研究所」を設立して活動の主軸を「戦時性暴力再発防止」に移していこうという生き残り戦略ですね。
 以前にも唐突に「韓国軍のベトナム民間人虐殺を謝罪します」なんてことをやりはじめていましたが。
 あれが今回の前兆だったということなのでしょう。

 元慰安婦が全滅しても組織として生き残りを図るための戦略。
 民主労総の傘下団体がソウルの日本大使館に徴用労働者像を設置しようとした時に反対意見を出していましたが、あれも「自分のショバに割り込んでくんな」ということであったのでしょう。
 日本をからめることができない場合、上手くいくとも思えないのですけどね。

そういえばプライムデーでは今治タオルのまとめ買いとかもあったのだった。
hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 HOTEL'S ホテルズ バスタオル 2枚セット クラウドブルー 日本製 今治ブランド
今治タオル(Imabari-towel)
2017/7/20