時速300キロのKTX、猛暑で70キロに速度制限(朝鮮日報)
 韓国鉄道公社(コレール)は23日午後、猛暑の影響で京釜高速線の天安牙山駅−五松駅区間で高速列車(KTX)の運行を時速70キロ以下に制限中だと発表した。

 最高気温37度超の猛暑日となった同日午後3時15分ごろ、天安牙山駅−五松駅区間の線路の温度は61.4度に達した。コレールは、時速300キロで運行していた全てのKTXを、列車安全運行基準に従って同区間を時速70キロ以下で走行するよう緊急の措置を取った。

 コレールは、レールの温度が55度以上であれば徐行、64度以上なら全てのKTXの運行を中止するよう細則で定めている。
(引用ここまで)

 普段の韓国であれば「徐行するように規定はあったのだが無視して事故」というパターンだったのでしょう。進歩しているって言ってもいいんじゃないかな。
 でもまあ、新幹線が猛暑を原因として運休とか徐行運転とか聞いたことないですね。東海道新幹線は雪に弱いのはしょうがないとして。
 というか、本家TGVでもそんなん聞いたことないなぁ……。
 
 おそらくは保線意識が異なっているのでしょうね。
 以前の楽韓Web謹製の動画や、新規路線のSRT(車体はKTX2)を見ても保線がろくにできてない感じですから。
 まあ、保線ができないのであればこうして徐行運転するなりして対応するしかないですね。
 「韓国の高速鉄道」としてはそんなもんかな、という感じ。

図解・TGVvs.新幹線 : 日仏高速鉄道を徹底比較 (ブルーバックス)
佐藤芳彦
講談社
2008/10/20