韓国、「韓日慰安婦合意」日本拠出金10億円の代替予備費を編成(中央日報)
2015年末の「韓日慰安婦合意」で日本が拠出した10億円を韓国政府の予算で充当するための予備費が編成された。

女性家族部は日本政府の拠出金10億円を全額充当するための予備費支出案が24日、国務会議を通過したと明らかにした。この予備費は韓国女性家族部の「男女平等基金」から出捐され、具体的な執行方法などは日本と協議して決める計画だ。

韓国政府は日本が拠出した10億円を韓国政府の予算でまかなうという内容の慰安婦合意後続措置を1月9日に発表した。

しかし日本はこれに直ちに反発した。康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官の後続措置発表から1時間も経たないうちに、河野外相は「日韓合意は国と国との約束で、たとえ政権が変わったとしても、責任を持って実施されなければならないというのが、国際的かつ普遍的な原則だ。合意の履行は国際社会に対する両国の責務だ」という立場を発表した。したがってこの10億円をめぐる韓日政府間の協議は難航が予想される。

鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族部長官は「合意検討の後続措置の第一歩として日本政府の拠出金10億円全額を韓国政府の予算で充当することになった」とし「今後も『被害者中心の解決』に立脚した後続措置の推進に最善を尽くし、被害女性の名誉と尊厳を回復するための政策を持続的に進めていく」と述べた。
(引用ここまで)

 慰安婦合意に基づいて日本政府から支払われた10億円を上書きするために、韓国政府が10億円を拠出するという行動に出てきたわけですね。
 慰安婦合意を棚上げし、かつ韓国側の合意がなかったことにしようとする措置。
 ま、どっちにしたって日本の言うこともやることも変わりはないのですが。
 こんなの韓国の国内事情であって、日本政府からしてみたらなんの意味もない行動です。
 韓国に対して日本政府は「合意を履行せよ」しか言うことはないのです。

 「日韓通貨スワップ協定を……」→「慰安婦合意を履行せよ」
 「日韓高レベル経済協議を……」→「慰安婦合意を履行せよ」
 「日韓漁業協定を……」→「慰安婦合意を履行せよ」
 「不均衡が続いている貿易を……」→「慰安婦合意を履行せよ」
 「日本の観光客を韓国に……」→「慰安婦合意を履行せよ」

 うん、オールマイティカードだな。
 たとえば北挑戦核問題については日本からも協力の必要があるでしょうし、拉致問題についての協力であれば手をつなぐことも吝かではない。
 隣国としてやむを得ずつきあう部分はあるでしょう。
 それでも、日本からの基本は「慰安婦合意を履行せよ」なのですよ。

 慰安婦合意は日本から韓国に対して「これを守ることができるのであれば、まっとうにつきあうことを考える」という話だったのですが。
 それを釜山の日本総領事館横に慰安婦像を置くことを韓国政府が認めたことで反故にした。
 続く政権でも同様に設置を認めており、かつ慰安婦合意を棚上げにしようとしている。
 じゃあ、まっとうなつきあいはしなくていいよねという話になっているというだけのこと。

 日韓関係は「適切にマネージされる」時代になったのです。
 もういいように韓国の都合に振り回される時代は終わった、ということですね。

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 / 加藤達也
産経新聞出版
2017/12/30